Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-【ペットといっしょに考えよう】

ペットコラム

いつの頃からか記憶は定かではありませんが、いつしか「オオカミ」にはまってしまいました。長じて、動物愛護でメシを食うようになってからも、その思いは募る一方です。

一月は行って、二月は逃げて、三月は去って、瞬く間に3ケ月がすぎました。
しかし、この間は、季節のうつろいが目で、肌で最も実感できる時期でもあります。フキノトウはいつしか小さな葉を広げ、タラノキのてっぺんにはおいしそうな芽が艶やかに輝き、そして満員の通勤電車では、早くも窓開けに協力依頼をする放送が流れています。

明るい陽ざしが春の訪れが近いことを告げています。
しかし世相に顔を向けると…。政治、経済そして人と動物との関わり、世相の反映とはいえ情けない限りです。本格的な春の到来が心から待たれます。

さわやかな早朝、高く澄み切った西の空には、白色を帯びた満月が淡く入り残っています。ようやく秋の訪れを肌で感じ始めました。

武蔵野の雑木林を代表するクヌギ、コナラ、エゴノキ等の裸木が、青空に向かって鋭く枝を伸ばしています。