Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【子供の姿のまま大人になるアホロートル。】

動物まめ知識

子供の姿のまま大人になるアホロートル。

両生類と呼ばれるカエルやイモリの仲間は、幼体時を水中で過ごし、成長すると陸上で生活するようになります。
 しかし、そうした両生類の中には、大人になっても子供の頃の姿を保ち、水中ですごすものがいます。アホロートルと呼ばれるサンショウウオの仲間です。 正確には特定の種類のことをさすわけではなく、マルクチサラマンダーと呼ばれるグループの、幼形のまま成熟したもののことをさす総称です。  アホロートルになるサンショウウオとして有名なのが、メキシコが原産のメキシコサラマンダーです。日本では1980年代に「ウーパールーパー」の名前で紹介され、広く知られるようになりました。今日でもペットとして広く飼育され、体色が白いものから黄色いもの、黒いものなど様々な色のアホロートルが作り出されています。  ちなみに、アホロートルの名前の由来は、アステカ神話の神様ショロトルからとられたもので、決して日本語の「アホ」ではありません。

動物まめ知識TOP


TOP