Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【動かない人気者】

動物まめ知識

動かない人気者

頭が禿げ上がったハゲタカに、クチバシに袋をもつペリカンなど、鳥たちの姿には時々ドキッとさせられることがある。この鳥もそのひとつだろう。
 全長120センチと小学1年生並の大きさに、まるで睨みつけるような眼差し、そしてなんでも飲み込んでしまいそうな大きなくちばし。見た目にはとても怖そうなこの鳥は、ハシビロコウというコウノトリの仲間だ。  このハシビロコウの得意技は、ほとんど動く事もなく、何時間でも同じ体制のままじ〜〜〜っとしていることだ。動物園などではその「あまりの動かなさすぎ」っぷりのおかげで、逆に人気があるという。ハシビロコウはアフリカの東部から中央部にかけての、パピルスの茂るような湿原に生息していて、ハイギョなどの比較的大型の魚を主食にしている。風貌だけでなく、その狩りの方法も変わっており、戦法はとにかくひたすら“待つ”。水辺にたたずみ、ピクリとも動かずにじ〜〜〜っと待ち伏せしているのだ。そして魚が水面に上がってきたところを、まるで魚に向かって体ごと倒れこむように襲うのである。  風貌や生態がとてもユーモラスなこのハシビロコウだが、他の野生動物同様個体数の減少が心配されている種類のひとつで、残念ながら生息環境の悪化により、数の減少が懸念されている鳥でもある。

動物まめ知識TOP


TOP