Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【ペットは家で、野鳥は野外で。】

動物まめ知識

ペットは家で、野鳥は野外で。

日本では、法律によって許可なくして野鳥たちを捕まえたり、飼育したりすることができない。まして自然が失われつつある今日、そうした行為自体、慎みたいものでもあるはずである。フィールドで観察してこそ、彼らのたくましさも見えてくるといえるのではないだろうか。
そもそもわが国では野鳥を飼うことは基本的にはできない。よく鳥たちの繁殖の季節になると、道に落ちていたヒナを保護したがどうしたらいいか?という質問を受けたりするが、野鳥の場合は親鳥が運んできた餌を食べているし、雛が成長してからのことを考えると、再び自然に帰すというのもかなり微妙な問題になってくる。また、巣立ちを控えたヒナの周囲には親鳥がいるケースもあり、必ずしも育児を放棄してはいない場合もあるようだ。「やはり野におけ蓮花草」ではないが、自然の中で生き生きと暮らす野鳥は、自然の中でということなのだろう。そのためにバードウォッチングという楽しみがあり、愛好家も多い。扱いやすい鳥たちは、ペットとしてもちゃんと存在する。どうしても鳥たちとのふれあいというのであれば、彼らと暮らすことだ。

動物まめ知識TOP


TOP