Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【CM動物の元祖?!エリマキトカゲ】

動物まめ知識

CM動物の元祖?!エリマキトカゲ

現在、とあるCMの影響で白い日本犬が大人気だか、20年ほど前にも、CMから一世を風靡した動物がいた。エリマキトカゲだ。
 彼らがCMに登場して確固たる人気を得てから久しいとはいえるが、やはりそのコミカルな姿が脳裏に残っている方も多いのではないだろうか。  名前にもあるように彼らは襟巻きをもっている。普段は体に密着させてたたまれているが、敵に出会ったときや求愛の際にはそれが広げられ、体を大きく見せてアピールする。敵に襲われた場合、それでもだめだと感じたときには、2本足で走って逃げるのだが、その姿がとてもユーモラスだった。  エリマキトカゲはオーストラリア北部などに分布している。樹上棲のトカゲで、体長は90センチほどになるが、その1/3以上は尾がしめている。昼行性で朝の光で体を温め、動きやすくなると活動して、昆虫などを捕食して暮らしている。  エリマキトカゲはペットとしても流通しており、彼らの飼育を楽しんでいる愛好家も少なからずいるようだ。ただそうして飼育されたものは、人間に馴れケージなどの飼育環境になじんでしまうため、くだんの襟巻きを広げる威嚇のポーズをとらなくなるようだ。

動物まめ知識TOP


TOP