Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【アジの仲間、ルックダウン。】

動物まめ知識

アジの仲間、ルックダウン。

日本人にとってなじみの深い魚のひとつでもあるアジ。生のままたたきにして食べるほか、塩焼きにしたり干物にしたりして、なにかと食卓にのぼることの多い海の魚だ。
 食卓にのぼるのは、いわゆるマアジといわれる種類だが、このほかにもアジの仲間たちにはいろいろな種類があることをご存知だろうか?凧を思わせるような平らな体に、幼魚ではヒレが長く伸びるイトヒキアジだが、そのたなびかせていたヒレの部分はは成長に伴い短くなってくる。名前のごとく糸を引いたような幼魚の姿は、羽衣をまとった天女の風情があるといっていいだろう。ウマヅラアジもへんてこりんな形をしたアジの仲間である。名前のごとく馬面でもあり、私たちがいつも口にしているいわゆるアジとは、同じ仲間であるとはにわかに考えられないほどだともいえるだろう。そして写真で紹介しているのがルックダウンと呼ばれるアジの仲間だ。  ちょうど顔の部分が切り落としたかのようになっており先端には口がついている。目は絶壁のようになった顔の端に位置しており、文字通り見下ろした(ルックダウン)ような風体である。西大西洋の亜熱帯の海域に分布しているため、われわれにとってはなじみのないアジの仲間ともいえるが、その独特な姿から水族館などでは飼育されることの多い種類でもある。   ルックダウンは沿岸の浅場などに生息しており、魚やエビ・カニ、ゴカイなどを餌としている。平べったい体は銀板のように輝き、それがアジの仲間であることを連想させる。同じ西大西洋にはアトランティック・ムーンフィッシュというこの魚に近い仲間が分布しており、やはりこのルックダウンに類似した体つきをしている。扁平な体に、アジ類独特の光り輝く体表の特徴から、名づけられたものなのではないだろうか。

動物まめ知識TOP


TOP