Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【森の忍者カメレオン】

動物まめ知識

森の忍者カメレオン

樹の上で暮らすトカゲの仲間カメレオンは、体の色をめまぐるしく変化させる名人でもある。
 カメレオンの仲間は、多くの種類がサハラ以南のアフリカやマダガスカルに分布している。そしてそこに暮らす人々は、この体色を変える特有の習性から、悪魔の使いだとしてその存在を気味悪がっていたようだ。  体色だが、実は周囲の色彩を眼で見て変えるのではなく、光の強弱や温度に対して皮膚が直接反応しているようである。したがってその体色は、必ずしも周囲の様子に連動していないこともある。また、カメレオンの仲間は怯えや怒りなどの感情が体表に表れることが多く、感情によっても体の色が変わるのだ。  彼らは同じ爬虫類の中でも、独特の面白い眼をもっている。それは樹上で生活し、もっぱら虫を食べるのに適した構造といえる。ゆっくりとした動きがもちまえのカメレオンだが、いざ獲物を見つけると電光石火のスピードで捕食する様子が見られる。眼は頭の両側にある円錐形の出っ張りの上に位置しており、左右を別々に動かすことが可能だ。文字通りキョロキョロとその目を動かしながら、昆虫を発見すると両方の眼でピントをあわせ、その距離を測る。そして口の中に折りたたまれた、先のネバネバとした長い舌を一気に伸ばし、ターゲットを補足する。本当に一瞬のできごとで、目にも止まらぬ早業だ。

動物まめ知識TOP


TOP