Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【ガラパゴスゾウガメ】

動物まめ知識

ガラパゴスゾウガメ

ゾウガメと名前がつく種類には、世界に二つがある。太平洋に棲むこのガラパゴスゾウガメと、インド洋のセイシェル諸島に分布するアルダブラゾウガメだ。
 かつてガラパゴス諸島はまさにゾウガメの楽園だった。何十万頭ものゾウガメが、それぞれの島で暮らしていた。同じガラパゴスゾウガメでも、生息している島ごとに甲羅の形や模様が少しずつ違う。  かつては何十万頭もがいたゾウガメたちだが、今日ではそうした大群を見ることはできない。数が減った原因は、やはり人間の関与が最大の理由である。長い航海の食料とするために大量に捕獲され、さらに人によってもち込まれたヤギなどの家畜、ネズミなどの影響でその数を減らしてしまった。現在は全島が国立公園にされ、15000頭が保護されて暮らしているものと推定されている。  “亀は万年”などというが、このガラパゴスゾウガメは非常に長寿なことでも知られている。2006年にオーストラリアの動物園で息を引き取ったメスのガラパゴスゾウガメ“ハリエット”は、100年以上も人に飼育されていた記憶をもち、170歳以上といわれていた。

動物まめ知識TOP


TOP