Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【シカというにはあまりにも小さい、マメジカ】

動物まめ知識

シカというにはあまりにも小さい、マメジカ

体長40センチメートル、体重2キログラム程度。この小さな動物が、シカという名前をもっているといったら、驚かれるだろうか?
 マメジカは英語でMouse Deer(ネズミ-ジカ)とも呼ばれているように、シカというよりはげっ歯類の仲間を思わせるような動物でもある。体長40センチメートルほど、体重は2キログラムほど。ちょうどネコと同じくらいのサイズだ。インドネシアやマレー半島に生息しており、夜行性というよりは朝夕の薄暮時に活発に行動し、主に木の芽や葉、草といった植物を食べている。  マメジカは原始的な反すう動物で、アジアには2種類のマメジカが生息しているが、そのなかでもジャワマメジカは、最小の種類とされている。シカと名前はあるが、マメジカはいわゆるシカの仲間とは一線を隔した存在である。シカの仲間ではオスでは立派な角をもつのに対し、マメジカではオスメス共に角をもたない。しかし、オスは犬歯が発達し、口元からのぞいている。小ささゆえ脚も非常にきゃしゃな印象を受けるが、これについてはシカと同様で非常にたくましく、ジャングルの草木の隙間を縫うようにして、タフに駆けることでも知られている。  珍獣にして可愛い名前をもった、生きた化石とも呼ばれるマメジカ。現在アフリカのミズマメジカはCITES-3の種類として保護されている。

動物まめ知識TOP


TOP