Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET【毛の生えるカエル】

動物まめ知識

毛の生えるカエル

写真はアフリカのカメルーン周辺に生息する「ケガエル」というカエルです。
 ケガエルは、一見すると日本のヒキガエルとあまり変わらない、地味なカエルのようですね。でも実はこのカエル、オスは繁殖期になると体に毛が生えてくるのです!。もちろん、犬や猫のような哺乳類の体毛とは異なり、皮膚が毛状に伸びたものなのですが、これはいったい何のためにあるのでしょうか?  カエルはオタマジャクシの段階ではエラ呼吸、その後カエルになって陸上に上がってくるようになると、肺呼吸に切り替わります。実はこれは、大昔に動物が非常に長い年月をかけて海から陸上に進出した様を、一代の中で演じると言う、驚くべき呼吸方法の変換なのです。  一度カエルになってしまうと、長期間水中に留まる事ができなくなります。どんなに頑張っても、定期的に水面に浮上して肺の中に新鮮な空気を吸い込む必要があるのです。オタマジャクシはエラ呼吸をする為に水中生活(もしくは過度の湿気を保った環境)をしなくてはならず、ほとんどのカエルは水中に卵を産みつけます。そのためか、ほとんどのカエルが卵を産みっぱなしにします。  ところがこのケガエルは、オスが卵を守るのです。そこで、ケガエルは毛のように皮膚を伸ばすことによって、この呼吸の問題を著しく改善することに成功したのです。この毛のような皮膚には水中で呼吸をするための機能があり、このシステムを得ることによって、ケガエルのオスは他のカエルとは比較にならないほど長時間水中に留まる事ができるようになったのです。

動物まめ知識TOP


TOP