Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【コビー】バーミーズ(ダイリュート)

動物百科事典

ネコ コビー

バーミーズ(ダイリュート)
バーミーズ(ダイリュート)
歴史

セーブルカラー(赤褐色)のバーミーズから生まれた新しい毛色は、シャンペン、ミンクなど淡いイメージです。

特徴

頭や顔には丸みがついて、前から見ても横から見ても平らな部分がありません。短い毛で小柄な体は筋肉のかたまりです。

外見的特徴

バーミーズに似た猫は、タイ国のアユタヤ王朝の時代(1350〜1767年)の書物に記されているように、かなり昔から貴重な猫として、王室や貴族の間で大切に飼育されてきました。やがて1930年、航海士により1匹の褐色の短い毛の「ウォンマウ」という名のメス猫がアメリカに渡り、カリフォルニアに住むドクター・トンプソンに飼育されました。ドクターは遺伝学に基づいて、ウォンマウをシャム猫と交配したり、近親交配で、アメリカ人が好むと考えられる、小柄でポパイのような筋肉質の褐色の猫を作出しました。1936年にCFAで公認されると、爆発的な人気をえて全米に広がりました。やがて、その繁殖の競争はエスカレートして、近親交配などいろいろな障害をもたらしましたが、現在では、極端な特徴を和らげるようにスタンダードの変更が行われ、問題は解決してきています。

性格

頭や顔には丸みがついて、前から見ても横から見ても平らな部分がありません。目は大きく丸く開き、離れてついているので、愛らしさがあります。あご先は力強く、正しい噛み合わせです。肩や胴体、臀部が発達して小柄でポパイのような体をしています。

毛の特徴

短い被毛はピタリと体に張り付いています。毛色は基本になるセーブルから生まれたvダイリュード部門(薄い毛色)には、シャンパン、プラチナ、ブルーがあります。

飼い主との相性

バーミーズはピエロのようだといわれるように、とても陽気で、子どもとは仲良し、病人や老人を慰める猫として知られています。

飼育環境

小柄で陽気な猫は、遊びが大好きですばやい行動をします。部屋の工夫は広さよりも高さについて、階段の利用や猫棚などを考えてください。

手入れ

両手でマッサージすればピカピカした毛艶が出ますが、絹の布を利用すれば、もうひときわ輝きが増して美しくなります。油質の猫には、人間用のクレンジングフォームがお勧めです。

選び方のポイント

日本では珍しい猫種ですが、日本には優秀なバーミーズが輸入されて、とてもレベルの高い子猫が生まれています。ブリーダーに問い合わせるときは、ペットで飼うのか、繁殖するのかはっきりと目的を伝えましょう。