Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【セミフォーリン】トンキニーズ

動物百科事典

ネコ セミフォーリン

トンキニーズ
トンキニーズ
歴史

シャム猫とバーミーズの混血猫は親しみのある顔つきで、丸みのあるシャム猫のようなイメージです。大きな特徴は、宝石よりも美しいアクアの目の色です。

特徴

シャム猫とバーミーズの混血猫は、カリフォルニアで大人気です。宝石にも負けない美しいアクアの目色は、海より深く、空より澄んでいます。

外見的特徴

トンキニーズの歴史は非常に古いのですが、いつもシャム猫の亜流として扱われ、新しい猫種として認められるのに長い年月がかかりました。シャム猫の歴史の中にまじって、数百年も前の古い記録には「毛色がチョコレート色のシャム猫」として述べられ、1800年代の終わり頃にイギリスのキャット・ショーにも出場しています。現在のトンキニーズの基礎は、1950年代にアメリカとイギリスのブリーダー(繁殖者)が新しい猫種を求めて、シャム猫とバーミーズを交配させて作出したハイブリッド(混血)の猫です。長い年月なぜか認められずに、CFAでは1978年に血統登録が始まり、1984年に公認されました。近年になって日本でも優秀なタイプの猫が輸入され、繁殖も始まりましたが、まだまだ数少ない猫種のようです。

性格

筋肉質で引き締まった中くらいのボディは、全体にバランスのよさを感じさせます。わずかに丸みのあるクサビ型の頭部、中くらいの耳、大きなアーモンド型の目をしています。トンキニーズの大きな特徴は、宝石よりも美しいアクア(水色)の目色です。

毛の特徴

ピタリと寝た短い毛、毛色は全体にやや色がついて、その体色に混ざり込むポイント・カラーには、シャンペン・カラー、ミンク・カラーなどがあります。

飼い主との相性

甘えん坊で人が大好き、陽気さと静かさを兼ね備えた、とても元気で飼いやすい猫です。

飼育環境

いつも飛んだり跳ねたりして遊ぶのが大好きで、紙屑でも紐でも遊び道具にしてしまいます。爪とぎで困らないように、爪あとが残らないフッ素コーティングされた壁紙を選んでください。

手入れ

手のかからない猫ですが、一所懸命マッサージをすれば毛の艶もピカピカになります。

選び方のポイント

丸っこいシャム猫が好きな日本人にはピッタリの猫で、この美しい水色の目が人気になると思います。繁殖に興味のある方は、なるべく優れたタイプの猫を輸入してください。