Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【オリエンタル】カラーポイント・ショートヘアー

動物百科事典

ネコ オリエンタル

カラーポイント・ショートヘアー
カラーポイント・ショートヘアー
歴史

シャム猫とアメリカン・ショートヘアーの血統の入った混血猫は、細くて長い体、驚くほどスリムでシャープ。青い目をした甘えん坊、シャム猫から生まれてシャムと異なるのは毛色だけです。ポイントの色はレッド、縞、複合色など多彩です。

特徴

ボディは円筒形で、首、四肢、尾、すべてが長く細く、前脚は長く細く、スマートさを感じさせます。顔は長くて、鋭角なV字型、大きな耳がシャープさを強調しています。

外見的特徴

第二次世界大戦の後、シャム猫を基礎にした新しい猫種の作出が注目されました。カラーポイント・ショートヘアーは、シャム猫とアメリカン・ショートヘアー、そして短毛の家庭猫、アビシニアンなどの数多くの血統の入った混血の猫です。繁殖のスタートは、1940年代に始まり、1974年にCFAで公認されています。1.シャム猫2.シャム猫からごく希に生まれてくる長毛の猫はジャパニーズ。3.シャム猫から生まれる毛色の違う短毛はカラーポイント・ショートヘアー。4.カラーポイント・ショートヘアーから生まれる長毛がバリニーズ。何だか謎解きのようですが、この四つの猫種は、ブルーの目色も顔つきも、スタイルも同じで、ポイント毛色と毛の長さが異なるだけで、まったくの親戚関係です。

性格

ボディは、円筒形、首、四肢、尾、すべてが長く細い猫です。顔は長くて、鋭角なV字型で、大きな耳が広がってつき、シャープさを強調して、高い鼻筋は長くてまっすぐです。ブルーの目はアーモンド型で切れ上がり、オリエンタルムードを感じさせます。

毛の特徴

カラーポイント・ショートヘアーはシャム猫から生まれた猫種で、短毛でピタリと体に張り付いたようなシングルコートです。毛色は、レッド、縞、複合色など数多くの色が認められ、口元、耳、四肢、尾に濃い色のあるポイントカラーで、白い体と美しいコントラストになります。

飼い主との相性

とてもデリケートで感情的で、人が大好きですが、たまにシャイになります。

飼育環境

静かな雰囲気を好みます。

手入れ

時々お風呂に入れたり、爪を切りましょう。日常的に念入りにブラッシングをしてください。

選び方のポイント

日本で見かけることはありません。アメリカにおいても数が少なく、入手は困難ですが、事情に明るい審査員に依頼するとよいでしょう。