Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【セミコビー】スコティッシュ・フォールド(長毛)

動物百科事典

ネコ セミコビー

スコティッシュ・フォールド(長毛)
スコティッシュ・フォールド(長毛)
歴史

小さな耳がちょこんと折れたまん丸顔は、アンパンマンのイメージです。スコットランドで発見された、突然変異の猫からはじまった種類です。

特徴

スコットランドの農場で発見された、突然変異の耳折れ猫です。中くらいで丸みのある胴体で、大きな丸い頭には前向きにちょこんと折れた小さな耳がついていて、まるで水泳帽をかぶっているようです。奇形の弊害を避けるために、尾はより長く、しなやかに曲がることが大切です。

外見的特徴

1961年、スコットランドの農場で生まれた1匹のメス猫は、ちょこんと前向きに折れ曲がった不思議な耳をもっていました。そして、発見したロス夫妻により「スージー」と名づけられました。この耳の遺伝は優性遺伝だったので、最初は普通の耳をした家庭猫やブリティッシュ・ショートヘアーに交配されて、少しずつ折れ耳の猫の数を増やしました。とても愛らしい猫ですが、近親交配の奇形であることを理由にイギリスの猫クラブでは公認されませんでしたが、やがてアメリカに渡り、ブリーダーによって繁殖計画のプログラムが確立されました。アメリカン・ショートヘアーと交配され、健康な骨格の猫が繁殖されると、またたく間に愛好者も増えて、1978年にCFAにより公認されました。現在では、長毛のスコティッシュ・フォールドも公認され、人気の高い猫種になっています。

性格

中くらいの大きさで丸みのある胴体、尾はしなやかさが大切で、より長いほうが良いです。大きな丸い頭に、ちょこんと前向きに折れた小さな耳がついて、まるで、水泳帽子をかぶっているようです。目はまん丸で大きく表情を明るくして、頬もふくよかで、口元の髭の部分はプックリとふくらんでいます。

毛の特徴

短毛と長毛があり、毛はビロードのように柔らかな手触りで厚みがあります。数多くの毛色が認められています。

飼い主との相性

短毛の猫は飼い主への信頼が強くて、ちょっと神経質な面がみられましたが、最近では優しい性格の猫が多くなりました。性格の遺伝は、血統を調べるとわかります。長毛の猫は、骨格も性格も安心できるようです。

飼育環境

性格が穏やかで骨格的にも健康な猫は、とても飼いやすく、特別な飼育環境は必要ありません。いつでも一緒に寝起きできると、猫にも飼い主にも幸せになれるでしょう。

手入れ

短毛の猫は両手マッサージが手入れの基本です。最初は両手を濡らせば、抜け毛が飛び散らからなくて便利です。長毛の猫の手入れは、毎日のクシ入れとシャンプーが基本です。

選び方のポイント

耳の折れた可愛い顔つきも大切ですが、後ろ脚の間接など骨格に異常がないことが求められ、特に尻尾が長く柔軟なことが大切です。両親がチャンピオンの子猫は、折れ耳同士の繁殖なので避けてください。耳の立ったスコティッシュは、ちょっと勉強すると、繁殖に用いることができます。健康な子猫を選択するのには、信頼のできる繁殖者を選んでください。