Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【セミコビー】セルカーク・レックス

動物百科事典

ネコ セミコビー

セルカーク・レックス
セルカーク・レックス
歴史

アメリカで生まれた太っちょボディの巻き毛の猫は、胴体は筋肉質で長方形、やや尻が高くなり、脚は骨太でがっしりしています。頭は丸く、頬もふっくらして全体がぽっちゃりした丸顔です。

特徴

もっとも新しい巻き毛の猫は、脚は骨太でがっしりしています。毛はやや長いため、大きな波状に巻いて、すべての毛色が認められます。

外見的特徴

「レックス」は巻き毛の猫の総称ですが、すでに公認されたイギリス生まれのコーニッシュ・レックスやデボン・レックスの他にも、ドイツのジャーマン・レックス、アメリカのオレゴン・レックスなど、世界各地でみつかっています。このセルカーク・レックスは、1987年にアメリカで発見された、もっとも新しい巻き毛の猫です。ワイオミング州に住むバヒーズ女史は、モンタナ州にあるペット救済センターで普通の家庭猫から、ちょっと珍しいチリチリの被毛をした三毛の子猫をみつけました。この猫はペルシャ猫のブリーダーであったニューマン女史に譲られて、ブラックのペルシャ猫と交配すると、6匹の子猫を生み、半分の3匹が母猫と同じ巻き毛の猫だったのです。熱心なブリーダーによって繁殖され、アメリカでは数年前からキャット・ショーでキャンペーンをしていますが、まだまだ完成途中の猫種のようです。

性格

胴体は骨太で筋肉質で長方形、頭は丸く、目は大きくて丸く、頬もふっくらして全体が丸い猫です。

毛の特徴

長毛の血統が用いられたせいか、他のレックスよりも毛はやや長いため、大きな波状に巻いています。モコモコしたイメージですが、この猫の優秀なタイプは、一見するとモップのような被毛をしています。

飼い主との相性

おっとりとした性格で、ちょっと恥ずかしげにやさしく甘えてきます。少々乱暴にしても怒ることが少なく、子どものいる家庭に最適な猫です。

飼育環境

あまり鳴くことがなく、場所を選ばずに新しい家にもなれやすい猫です。

手入れ

あまり散らかる毛質ではありませんが、やや脂質のため、毛がもつれないように定期的なシャンプーが大切です。

選び方のポイント

まだ希少なので、一般には入手するのは困難ですが、日本でも繁殖されるようになってきました。