Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【セミコビー】アメリカン・ワイヤーヘアー

動物百科事典

ネコ セミコビー

アメリカン・ワイヤーヘアー
アメリカン・ワイヤーヘアー
歴史

ニューヨーク郊外で生まれた剛毛の猫は、一見すると普通の猫、体に触るとアッと驚くほど、バリバリの硬い毛質をしています。

特徴

一見するとアメリカン・ショートヘアーですが、抱いてみると誰もが驚く、ワイヤーブラシのような硬い毛をしています。

外見的特徴

1966年、ニューヨーク郊外の農場で、普通のアメリカン・ショートヘアーが生んだ子猫の中に、1匹だけ不思議な被毛をしたオス猫がいました。猫は「猫毛」といわれる柔らかい被毛をしていますが、このオス猫の被毛は、縮れてゴワゴワした荒い手触りをしていました。ウイリアム・ベック夫妻とオージャー婦人は共同研究により、このオス猫「アダム」と同じ母親から生まれた姉妹猫に交配し、次々に珍しい剛毛の子猫を増やして、ワイヤーヘアー種の基礎を作りました。1967年に血統登録が始められ、次第に愛好者が増えて、1978年にCFAで公認されました。現在、この猫の繁殖にはアメリカン・ショートヘアーとの交配が認められています。

性格

小太りでがっしりとしたバランスのよい体形です。頭の形は丸く、頬骨が出ていてほっぺに少しだけ凹みがあります。愛らしい大きな丸い目はややつり気味に大きく開き、輝いています。

毛の特徴

1本1本の被毛は縮れたり、折れ曲がったりして、ブラシのように硬く、密度と弾力があります。フワフワした柔らかい毛は失格です。毛色はすべての色(白、黒などの単色、二毛、三毛、複合色)が認められます。

飼い主との相性

陽気で活発に動き、健康で病気に強いといわれます。ひとなつこく、やさしい性格で、とても飼いやすい猫です。

飼育環境

飼育環境を清潔にしましょう。壁紙は、爪あとを残さないフッ素コーティングされたものがよいでしょう。

手入れ

もつれ毛もないし、抜け毛が少ないので手入れも簡単です。季節に応じて蒸しタオルなどで体を拭いてあげてください。

選び方のポイント

まだペットショップでは流通していない猫種ですが、日本には優秀な猫たちが輸入され、繁殖も順調です。子猫を求めるなら、CFA主催のキャット・ショー(全国で年間40回開催されています)を見学して、繁殖者に予約するとよいでしょう。