Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【フォーリン】ジャパニーズ・ボブテイル(長毛)

動物百科事典

ネコ フォーリン

ジャパニーズ・ボブテイル(長毛)
ジャパニーズ・ボブテイル(長毛)
歴史

アメリカで生まれ変わった短尾の日本猫。ニューヨークで大人気です。

特徴

私たちのイメージする日本猫は、丸ぽちゃの顔をしたずんぐりした猫ですが、アメリカに渡って生まれ変わった短尾の日本猫は、ちょっとスマートになっています。三毛や白黒、可愛いポンポンのボブテイル(ウサギの尾)は、ニューヨークで大人気です。

外見的特徴

日本人には珍しくない短尾の猫ですが、アメリカ人にはとてもキュートで、楽しい猫にみえるようです。1968年、日本から100匹以上の短尾の日本猫が海を渡り、繁殖計画がスタートしました。私たちのイメージする日本猫は、丸ぽちゃの顔をした、ずんぐりした猫ですが、アメリカでは日本食から洋食に変化したためか、体形がスマートになり、脚までが細く長くなりました。やがて、短くてクルリと曲がった尾も固定され、1976年にCFA公認の猫種になりました。その人気は全米に広がり、常に年間のトップクラスに入賞しています。また、日本にも逆輸入されて、次第に人気が盛り上がりを見せています。短毛のジャパニーズ・ボブテイル同士の交配から長毛の猫が誕生したのは、品種改良で交配された長毛の家庭猫の血統が、劣性遺伝として伝えられ、その血統の短毛同士が組み合わされると1/4の確率で長毛のジャパニーズ・ボブテイルが生まれます。1980年代の後半には、ジャパニーズ・ボブテイルの長毛部門として公認されました。近年のジャパニーズ・ボブテイルの話題は、毛色の中にシャム猫のポイントカラーを認めるように考えられていることです。

性格

特徴の愛らしい短い尾がポンポンのボブテイルは、尾のつけ根から折れ曲がり、伸ばしても3インチまでの長さです。でも固い骨ですから、あまり触らないでください。

毛の特徴

毛の長さは、近年に長毛の猫が認められて「短毛種と長毛種」があります。自然の柔らかい心地よい手触りで、毛色には白、黒、赤などの単色とその組み合わせがあり、一番の人気はやはり「三毛」のようです。長毛は、全体にはやや長い程度の毛ですが、尻尾はフサフサしています。

飼い主との相性

全体には日本猫の気質と同じですから、とても飼いやすい猫ですが、改良のための近親繁殖がされたことにより、やや神経質な面をみせることもあります。誰にでも親しまれる性格が大切でしょう。適度に甘えて、適度に冷たい、猫らしい猫です。

飼育環境

日本猫の血筋ですから、やはり日本の風土に適して家族と一緒ならどんな部屋でも馴染みやすいようです。隣家の離れた地域も少なくなった今日、血統猫に限らず、飼い猫の放し飼いはやめましょう。

手入れ

最初に濡らした両手で逆毛を立てるようにネコちゃんを湿らせます。その後は乾くまでマッサージしてください。驚くほどの抜け毛が取れて、部屋が抜け毛で散らからなくなります。

選び方のポイント

一見するとありふれた日本猫にみえますが、最近では優秀なレベルの猫が輸入され、その微妙な違いの美しさ気づく人が増えて、急激に人気が高まっています。この猫種の愛好者を増やして定着させるには、やさしくて、おとなしい性格が決め手になるようです。