Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【ロング&サブスタンシャル】アメリカン・ボブテイル

動物百科事典

ネコ ロング&サブスタンシャル

アメリカン・ボブテイル
アメリカン・ボブテイル
歴史

中くらいのサイズでたくましい姿をしています。特徴のある短尾は、まっすぐな尾、結んだような尾、巻いた尾ですが、日本的には中尾です。大きな頭部、目は大きな卵型、中くらいの耳の先にはリンクス・ティップと呼ばれる飾り毛があり、下顎ががっしりとした力強い顔つきです。ダブルの毛はやや長く、尾には他よりも長い毛が生えています。すべての毛色が認められています。

特徴

肩幅が広くがっしりした筋肉で、たくましい姿をしています。特徴のある短尾は、まっすぐな尾、結んだような尾、巻いた尾です。幅のある大きな頭部、目は大きな卵型、中くらいの耳の先には飾り毛があり、下顎ががっしりとした力強い顔つきです。ダブルの毛はやや長く、尾には他よりも長い毛が生えています。すべての毛色が認められています。

外見的特徴

1960年代にアリゾナ州のリゾート地、インデアン居留地で、休暇を楽しむ猫好きのサンダース夫婦によってみつけられた、スポッテッド・タビー(斑点の縞模様)の毛色で短尾のオス猫が基礎になっています。一時期は近親交配による弊害もありましたが、エバンス氏を先頭にした愛好者によっていろいろな猫種との交配で繁殖が続けられ、1989年にTICAで認められました。アメリカ大陸に生息する野生猫の「リンクス」をイメージしたと伝えられ、中くらいの耳の先にはリンクス・ティップと呼ばれる飾り毛があり、下顎がしっかりと力強く、野生味にあふれる顔つきに、優しさが加わっています。まだまだアメリカでも数少ない猫種で、近親の弊害を避けるためメインク−ンとの交配が認められ、短尾のメインク−ンともいわれています。

性格

中くらいのサイズで、肩幅が広く、がっしりした筋肉で、たくましい姿をしています。特徴のある短尾は、まっすぐな尾、結んだような尾、巻いた尾ですが、短くとてもはっきりした長さが必要です。幅のある大きな頭部、目は大きな卵型、中くらいの耳の先にはリンクス・ティップと呼ばれる飾り毛があり、下顎ががっしりとした力強い顔つきです。

毛の特徴

ダブルの毛はやや長く、シャギーで荒い感じで立つように生え、尾には他よりも長い毛が生えています。すべての毛色が認められています。

飼い主との相性

誰からも愛されるやさしい性格をしています。頑健な体で子供ともすぐに仲良しになります。

飼育環境

爪とぎで壁紙や家具が傷つかないようにするのには、材質を選んでください。遊び道具を工夫したり、こまめに爪切りをするとよいでしょう。

手入れ

もつれにくい毛質なので手入れも簡単です。やや脂っぽい場合はシャンプーが必要になりますが、普段は蒸しタオルでマッサージしてください。

選び方のポイント

アメリカでも数少ない猫種ですが、インターネットやアメリカの猫専門誌にブリーダー広告があります。通信で子猫を選ぶときは、写真やビデオが役立ち、血統も確認してください。