Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】ミニュチュア・ブルテリア

動物百科事典

イヌ 小型犬

ミニュチュア・ブルテリア
ミニュチュア・ブルテリア
ルーツ

ブルテリアを小型化したものが固定されたものが、この犬種である。標準サイズのブルテリアと比べて、体高と体重が違うだけの本種が、イギリスで登録が始まったのが、ミニチュアとしての歴史の始まりとされる。

外見的特徴

なんといっても特徴的なのがその顔つきで、頭部から鼻先までまっすぐ伸びたラインが、愛嬌たっぷりの顔にみせている。しっかりとした筋肉質の四角い体形も特徴だ。ざらざらとでもいいたくなるような手触りの、硬く短い被毛をもつ。毛色は白、黒、ブリンドル、赤、フォーン、トリカラー。

性格

ブルドックとホワイト・イングリッシュ・テリアを交配して作出されたといわれるだけあって、ブルドックの物怖じしない頑固な性格を受け継いでいる。快活で機敏、飼い主に対しては従順である。反面見知らぬ人や犬に対しては攻撃的な面をみせる。

飼育

滑らかな短毛で手入れはしやすい。硬い獣毛ブラシでブラッシングしてやる。汚れが目立ってきたら、蒸しタオルなどで全身を拭くようにする。

健康上の注意点

十分な運動が必要で、散歩にでる際は必ずリードにつなぎしっかりと離さないように管理する。食事は特に配慮はいらないが、栄養バランスのとれた小型犬用ドライフードを中心に与えるといい。嗜好性を加味したいならば、ドライフードを基本に、全体量の2割程度の缶詰フードを混ぜた混合食が手軽でお勧めである。味が濃い人間の食べものや偏食は、不健康のもとになる。また肥満させないように注意して餌を与える。散歩の量を増やすか餌を調整することで、体形と健康を維持する。ときどき目に遺伝性の病気が発生するといわれるが、実際はそれほど多くない。骨格もしっかりしていて、とても頑丈だ。