Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】日本テリア

動物百科事典

イヌ 小型犬

日本テリア
日本テリア
ルーツ

1700年代にオランダから長崎にもち込まれたフォックス・テリアに似た犬と、小型の日本犬とを交配し、改良が重ねられたものといわれている。有名なものとしてお雪テリア、ミカドテリアがあり、神戸や横浜などで可愛がられていた。第2次世界大戦中から戦後にかけて絶滅に瀕したものの、後に愛好家たちの努力によりよみがえり、現在も高い人気を得ている。

外見的特徴

スマートな外観と小柄な体形が大きな特徴である。また引き締まった筋肉に、滑らかで光沢ある短毛が美しい。被毛の短さも大きな特徴で、戦前には1mm程度がよいとさえされていた。しかし今日では皮膚を傷つけるおそれがあるため、皮膚が隠れるくらいの長さになっている。それでもやはり2mm程度と短い。毛色は頭部が黒、白、タン。体はシロで斑のあるものもある。耳は高い位置についており、V字型で前方に垂れる。尾は適度に細く、断尾する習慣がある。

性格

機敏な動作が魅力的な種類である。利発で感覚が鋭く、敏感に反応するが、テリア類のなかではおっとりしている。穏やかな気性で聡明で親しみやすい。短毛なため寒さに弱い面があり、室内犬として向いている。警戒心が強く、侵入者などにはしきりに吠えて警戒する。

飼育

短毛種なので、長毛の犬に比べて手入れも比較的簡単だ。かたくしぼったタオルで体全体を拭き、軽くブラッシングするだけで十分である。おおらかに愛情深く育てることがポイントといえる。特徴でも触れたように、非常に被毛が短いため、寒さには弱い。たとえ室内飼いでも、子犬や冬場には保温に気を配ること。

健康上の注意点

室内で飼うにあたっても、できるだけ広いスペースを与え、運動をさせてやる。もともとテリアは動作が活発で、エネルギッシュな犬なので、室内、屋外を問わず、安全な場所で自由に運動させてやるのが必要である。