Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】チベタン・スパニエル

動物百科事典

イヌ 小型犬

チベタン・スパニエル
チベタン・スパニエル
ルーツ

チベットに遠い昔からいたらしいとされている種類だ。ラマ教の教主ダライ・ラマにも可愛がられた犬種とされ、当時僧院の壁の高いところに座る姿は、シンボルとされた。彼方まで見張ることのできる目をもった、優秀な番犬でもあったという。15世紀に初めてヨーロッパに紹介され、20世紀イギリスへ輸入されると、クラブが設立されて犬種標準の設定がなされた。今日では、各国で飼育されている。

外見的特徴

体高より体長がやや長く、バランスのよい体形をした小型犬。体全体からみると頭部はやや小さく、わずかに丸みをおびている。鼻吻部の先端もわずかに丸く、大きな目のふちは黒くパッチリとして、濃い茶の瞳が奥に覗いている。歩くときに背中の上に巻く尾にも、飾り毛がある。被毛は絹糸のような光沢のある上毛をもつダブルコートで、胴体では中くらいの長さである。また顔と四肢の前面では短く、耳や尾のほか、前肢のうしろ側にも飾り毛がある。毛色はゴールデン、サンド・カラー、ビスケット、黒、ブラック&タン、白ほか、さまざまな単色や、それに加えて混色のものがいる。全体的に、古代犬を思わせる面影を漂わせる愛玩犬といえるだろう。

性格

知らない人には用心深くよそよそしいそぶりをみせるが、一緒に暮らしている飼い主や家族、犬たちにはとても友好的である。したがって飼い主一家にとっては、陽気なよい友達になれるだろう。やや強情なところがあり、その気質はネコの雰囲気に似ているともいわれる。利口な犬なので、仔犬の時期からしっかりしつけをすれば、そうした気まぐれなところも対処できるはずだ。

飼育

コートのもつれを防ぐためには、毎日のコーミングと、週2回のブラッシングを行うようにする。シャンプーは週1回と定期的に入浴もさせた方が望ましい。

健康上の注意点

毎日20〜30分程度の引き運動を行い、室内や庭先などで10〜20分程度ボール遊びなどの全身運動を組み合わせて行うのがよいとされる。性格でも触れたように気まぐれな面があるので、引き運動のときはリードをしっかりとつけ、身につくまでしっかり訓練するように心がける。 成犬の食事の回数は1日1回か2回で、栄養的にはドライフードだけで十分だ。またもし嗜好性を加味するなら、ドライフードと缶詰フードを混ぜたものが、栄養バランスもよく手軽だろう。まれに目の疾患、皮膚病が出ることもあるので健康には気を配る。