Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】フォックス・テリア

動物百科事典

イヌ 小型犬

フォックス・テリア
フォックス・テリア
ルーツ

最も古いテリアのひとつともいわれている犬種。ビーグルやブルドック各種のテリアなどの変種を掛け合わせたといわれている。巣穴に飛び込んでキツネを追い立てたり、ネズミなどの小動物を捕らえるために作られたとされる。スムースとワイアーヘアードがあり、後者は荒地での作業犬として利用された。両者はその被毛以外の部分では非常に類似しているが、その祖先などに関しても異なるという説もあり、被毛の異なる二つのタイプを、区別して扱うこともある。

外見的特徴

人気の高いテリアのひとつで、スマートな外観が特徴である。被毛は、スムースでは短く硬く、ワイアーヘアードでは荒く立った針金状の剛毛が密生しており、下毛は柔らかな短毛である。毛色は両者とも白が主体で、タンかタンと黒の斑が入る。がっちりとした体は、筋肉質でたくましい。耳は前方に向かって折れ曲がり垂れている。尾はつけ根の位置が高く、ほどよい長さに断尾され直立する。

性格

キツネ猟に使われた犬といわれるだけあって、非常に鋭敏で警戒心が強い面がある。そのため幼い頃から、きっちりとしつける必要があるだろう。家族の仲間になることを喜び、忠誠心や献身振りも申し分ない。子供とも問題はないが、他の犬に関しては敏感に反応する傾向が強い。よい番犬になるが、その吠え声が高いため、その点には配慮が必要だ。

飼育

スムースの短い被毛は、手入れもしやすい。硬い獣毛ブラシでブラッシングしたり、蒸しタオルで拭いてやるようにする。また必要に応じて入浴させるかドライシャンプーしてやる。ワイアーヘアードではやや入念な手入れが必要で、ストリッカーブラシで埃を落とした後、前方に向かってコーミングする。また定期的に専門家による手入れをしてもらうのも、外観を保つ上ではポイントになる。

健康上の注意点

非常に活発な犬種なので、運動をすることを好む。じっとしているのが嫌いで庭などに放してやれば、走り回って十分な運動をするだろう。自由運動できない場合は、散歩などで十分な運動量を確保してあげたい。食事の内容に関しては、栄養バランスのとれた小型犬用ドライフードだけで十分だ。嗜好性を加味したいならば、ドライフードを基本に、全体量の2割程度の缶詰フードを混ぜた混合食が、手軽でお勧めである。味が濃い人間の食べものや偏食は、不健康のもとになる。もともと活動的な犬なので、散歩の量を増やすか餌を調整することで、体形と健康を維持する。アレルギー性の皮膚炎や外耳炎などに注意する。