Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】ポメラニアン

動物百科事典

イヌ 小型犬

ポメラニアン
ポメラニアン
ルーツ

北方スピッツ系のサモエドを祖先とする牧羊、作業犬が関わりあるらしいといわれている。北ドイツのポメラニア地方で、羊の番犬として飼育されていたものが小型化されたもので、ポメラニアンという名がある。イギリスのビクトリア女王がイタリアからもち帰り、初めて開催されたイギリス・ケネル・クラブのクラフト・ショーに出陳したのが、一般的になったきっかけだとされている。その後も小型化への努力が重ねられ、より美しく毛色も改良されて、今日の姿になった。日本でもその小型さと可愛さゆえ、家庭犬、愛玩犬として多くの人々に飼われている。

外見的特徴

作り物のような小型犬で、体の各部はよく引き締まり、被毛は顔と四肢の下方を除いて非常に豊かである。下毛はやわらかい綿毛、上毛はまっすぐで粗い感じのダブルコートである。首や肩の前部、胸には特に長い飾り毛があり、それが肩まで広がっている。毛色には黒、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、ビーバー、ブルー、白、パーティ・カラー、ブラック・タンなどがある。特に額が丸くやや突き出た感じで、目の間のくぼみははっきりしている。鼻筋は短く、鼻の色は黒いのがよいとされている。三角形の小さい耳は、やや離れてつき、前方に直立している。尾は付け根が高く、背の中央に背負っており、長い飾り毛がついている。

性格

朗らかで、性格は素直で快活。賢くて、とても愛情こまやかだ。飼い主たちに対するサービス精神も旺盛である。表情も非常に豊かで、フワフワの被毛に包まれた体を弾ませる姿が、愛らしい犬である。多少興奮しやすい面があるが、従順でなだめやすい。しつけもしやすく、それが行き届いた犬では、誰からも愛されるものになるだろう。番犬としても適当で、少しでも変わったことがあれば、盛んにほえて教えてくれる。

飼育

被毛が細くてやわらかく絡まりやすいので、毎日欠かさずにブラッシングする。また夏季は、顔、尾の毛を残してカットするやり方もある。定期的なトリミングはもちろん、光沢のある毛質を損なわないためにも、シャンプーは専門家に任せたほうが無難だ。

健康上の注意点

活発な犬なので、毎日の運動は欠かせない。ただ、膝の脱臼や骨が細いため骨折をしやすいので、あまり過激な遊びはしないほうがいい。室内での飼育に向いた種類だが、散歩に連れて出るのもいいだろう。こうした室内犬はどうしても運動不足になりがちなので、飼育者が一緒に遊んでやる。食事は若犬から成犬では、栄養バランスのよい小型犬用ドッグフードを与える。嗜好性を考える場合は、ドライフードと缶詰フードの混合食が、簡単でお勧めできる。過食・偏食は肥満や病気の元になるので注意する。また眼病に罹りやすい面があるので注意する。