Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

動物百科事典

イヌ 小型犬

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
ルーツ

スコットランド西部の高地が原産地とされ、今やスコットランドを象徴するとさえいえるテリアである。もともとは、キツネやその他の動物をハンティングする際に使われた猟犬だったが、最近では愛玩犬として世界中の人々に愛される存在になった。

外見的特徴

ホワイト・テリアと呼ばれていることからわかるように、体じゅうが純白であり、長い直毛の上毛とその下のフワフワと柔らかい下毛のダブルコートの被毛をもつ。ショータイプでは、体毛の長さを5cm前後で、本品種の特徴をより強調するようなカットに刈りそろえるのが普通だ。耳は直立しており、断耳は行わない。

性格

丈夫で元気溌剌なのがこの品種の特徴で、とにかく飼い主と楽しく過ごすことを望んでいるようにみえる。利口で飼い主の指示をよく理解する犬で、飼い主を困らせるようないたずらをすることも少ない。

飼育

とにかく純白のボディが自慢なので、被毛のメンテナンスはこまめに行う必要がある。手入れはかなりしやすく、抜け毛もほとんどない。

健康上の注意点

定期的に散歩したり、自由運動を組み合わせて行う。食事に関しては、特に配慮はいらない。基本的には丈夫な犬なのだが、ノミアレルギーによる皮膚炎にかかることが多いので、ノミの駆除には注意をはらう必要がある。また、ライオン顎(CMO)と呼ばれる顎の変形など、いくつかの遺伝病をもつことがあるといわれているので、入手は信頼のおけるペットショップで行うことをお勧めする。