Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】ヨークシャー・テリア

動物百科事典

イヌ 小型犬

ヨークシャー・テリア
ヨークシャー・テリア
ルーツ

イギリスのヨークシャー地方で、家屋を荒らすネズミの被害が多かった時期に、それを捕獲するために作出されたという犬種。作出当時はかなり大きな犬だったといわれている。また19世紀末頃には、貴婦人のペットとして流行した。テリアとして最も小型の部類に含まれ、クライスデール・テリアを元に、スカイ・テリアなど多くのテリア類やマルチーズなどと交配され作出された。1886年にはイギリスのケンネル・クラブで正式公認される。以降、世界的な愛玩犬としての人気を確立し、ヨーキーの名前で愛好されている。

外見的特徴

非常に長く、細くツヤのある被毛が、背中の中央で左右に分かれてまっすぐに垂れ下がっている。ショーではこの被毛が重要な評価点となり、毛色も胴が暗銅青色で胸は鮮やかなタン、頭は金色がかったタンなど、かなり厳しく定められている。そのためショードッグでは、特別なケアが必要だ。可愛らしい顔立ちに、引き締まった体で軽快に歩く様子は、知的で気品に溢れている。尾は通常適度な長さに断尾される。

性格

警戒心が強く、負けん気があり活発。元気で生粋のテリアの気質があり、さらに鋭い感覚と知性も併せもっている。また忠誠心の高さでも定評がある。高貴でおしゃま、誇り高い姿そのままの性格といえるだろう。自分のテリトリーをしっかりと守ろうとするので、番犬としても適している。

飼育

本格的に管理してその美しさを保とうとすれば、非常に手間のかかる犬種である。それにはくしやブラシ、専用の被毛用オイルにシャンプーやトリートメントなど、複数の用具を揃える必要がある。また保温や保湿から日焼け予防、食事にいたるまで、徹底した管理をしなければならない。ショードッグならさらにラッピングと呼ばれるセットアップなど、専門家のアドバイスによる入念な手入れも必要。家庭犬としても、運動後のグルーミングと定期的なトリミングを行う必要がある。伸びやすい爪は、定期的に切ること。温湯によるシャンプーとリンスは、10日くらいのペースで行いたいところだ。洗った後はよくすすぎ、水気を十分に取ってから毛並みにそってピンブラシで整え、ドライヤーで十分に乾かす。

健康上の注意点

運動はそう多くは必要ないが、体調や季節、状況に応じて、食間か食前に20分程度、規則的に実行するといい。活動的な犬なので、引き運動だけにこだわらず、日光浴をかねて自由に遊ばせたい。冬の寒い時期はガウンを着せるなどの、保温対策も忘れずに行う。比較的歯が弱いため、そうした健康管理に注意を払うことが大切だ。健康状態に応じた、適量の食事を朝夕2度与える。また冬季は、栄養バランスのとれたフードを中心に与えること。運動不足からくる肥満にも注意したい。