Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【小型犬】シルキー・テリア

動物百科事典

イヌ 小型犬

シルキー・テリア
シルキー・テリア
ルーツ

オーストラリア原産の小型犬。1930年頃まではオーストラリアン、シルキー、ヨークシャーという互いに近縁な3種のテリアの、厳然たる区別はなされていなかったようだ。それが1932年になって、初めてこの3品種の交雑禁止が決定された。英国では、原産地の名前を冠した、オーストラリアン・シルキー・テリアと呼ばれることが多い。

外見的特徴

典型的なテリアの体形で、名前のとおりのシルクのような光沢と手触りに癖のない、優美な長い被毛が最大の特徴である。毛色はブルーからブルーグレイの地色のボディで、顔など体の一部分が黄褐色なのが、スタンダードとされる。また頭頂部は青みがかったシルバーであることが多い。生まれたばかりの子犬はブラック&タンで、その後ブラックの部分がグレイに変色していき、成犬の体色になる。尾は直立するように短く断尾される。

性格

非常にしつけやすく、忠実な犬である。また穏やかで、決して争いや喧嘩を好まないが、見知らぬ人間に対しては警戒を緩めない。

飼育

その美しい体毛をキープするためにも、定期的な入浴とブラッシングは欠かすことができない。また、時折は耳、尾、口周りの無駄毛を、トリミングしてやる必要がある。シルクのような被毛なので、手入れは定期的に十分にしてやる。ブラッシングは毎日、シャンプーは週1回しないと、コートはすぐにもつれてしまう。概して丈夫な犬種だが、成長期に目や歯に問題が現れることがあるため、成犬になるまでは健康面の配慮が必要だ。

健康上の注意点

活動的な犬なので毎日散歩させるか、安全な場所で十分走らせる。飼い主と犬の間での、服従訓練は絶対に必要。特にむだ吠えに関しては、早い時期からそのしつけを実行するようにする。ドライフードを基本に、缶詰フードなどを加えて、タンパク質やカルシウムなど栄養を補強してやるといいだろう。小型犬に多い、気管虚脱に注意する。