Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【中型犬】ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

動物百科事典

イヌ 中型犬

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ルーツ

ルーツは1107年までさかのぼることができる。直系の祖先犬はフランスとベルギーの大西洋に面した地方の織工が、ウェールズに移住してきたときに連れてきた犬とも、バイキングが活躍していたころにスウェーデンの犬がこの地に居残ったものともいわれている。古くはヘンリー2世や、現代でもイギリス王室に愛され続け、王室の犬といえば、この種と思われているほどである。ペンブロークはおもにウェールズのベンブロークシャー地方で飼育され、農場などでの作業に使われていたが、現在はペットとして世界中で愛されている。

外見的特徴

このペンブロークとよく似た犬にカーディガンがある。両者をひと目で見分けるには、その尾をみればいい。長い尾をもつカーディガンに対し、ペンブロークでは尾がないのがその特徴になっている。また仮にあっても、断尾の処理をする。またカーディガンの耳先はややとがっているのに対して、ペンブロークの耳先はわずかに丸みをおびる。耳と耳の間が平らなのもペンブロークの特徴だ。中くらいの長さのかたい被毛が密生しており、毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・タンなど。四肢や胸、頸には白斑がある。小柄ながら胴体は長くたくましく、短い肢も骨格はしっかりしている。

性格

行動や頭の使い方などが大型犬のようで、頼もしい一面ももっている。ただし生まれながらの見張り番で、縄張り意識は強く、敷地内に入る他人には吠えることもある。警戒はするものの攻撃的なところはなく、子どもにも寛容で、よき家族となってくれる。カーディガンに比べると、このペンブロークはやや興奮しやすい種類といえるだろう。

飼育

自然な状態の被毛が好まれるので、手入れは簡単な方だといえる。まっすぐで硬い毛は、絡んで毛玉を作る心配もない。ブラッシングは、ピンブラシで全身を軽くとかして抜け毛を取り除き、あとはコームで整える程度で十分である。ただしダブルコートなので、換毛期には相当な量の毛が抜ける。その時期のブラッシングは念入りに行うといいだろう。カットは足まわりの毛だけで、伸びてきたらカットしてやる。

健康上の注意点

もともと活発な犬なので、しっかりと運動する時間をとってやる必要がある。小ぶりな体形ながら、非常に体力やスタミナがあるのだ。食事で摂ったエネルギーを健康的に消費させるためにも、運動は毎日たっぷりと実行する。リードをつけた引き運動や、軽快なスピードで30分程度走らせるてやる。夏は地面の熱が冷めた夕方から夜間に連れ出すようにし、日中の運動は避ける。基本的に食欲は旺盛なので、食べ過ぎには注意する必要がある。特にこの種のような胴の長い犬の場合、肥満は重大な問題になってくる。栄養バランスに優れた、品質のよいドライフードを中心に与え、肥満を防ぐため間食を与えないこと。また椎間板ヘルニアにも注意したい。