Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【中型犬】バセット・ハウンド

動物百科事典

イヌ 中型犬

バセット・ハウンド
バセット・ハウンド
ルーツ

フランスの代表的な獣猟犬で、その歴史は比較的新しく、100年あまり前にブラッド・ハウンドとアルトワ・バセットの交配により作出されたとされている。フランスやベルギーの貴族たちの間で、ずっと愛し続けられ、小鹿やノウサギ狩りに使われてきたという歴史をもつ。体高が低いので、密生した藪のなかに獲物が逃げ込んでも、狩猟犬としての真価を発揮した。アメリカなどでは特異な体形や風格などから、ドッグショー用の犬として人気犬種となっている。現在でも猟犬として働いているものもいるが、家庭犬としても盛んに飼育されている。

外見的特徴

ずんぐりとしていて、皮膚がたるんで折り重なった、短い肢をもつ。長い胴体は地面に近くて低く、骨格は頑丈でしっかりとしている。尾は弓のようなカーブを描きながら高くかかげられ、先が白い。幅広の長く垂れた耳は、鼻の先に届くほどだ。被毛は硬く滑らかで、短く密生し、毛色はブラック、タン、ホワイトの三色毛とブラックとタン、ホワイトとタンの二色毛、シルバー・グレーの斑のものなどがある。響きのある、独特の吠え声をもつ犬としても知られている。

性格

性格は落ち着きがあり、従順だが、機敏性には乏しい面がある。独立心も旺盛ながら、家族との遊びの時間を楽しむのが好きで、家庭犬に非常に向いている。もともとが狩猟犬だったことからもうかがえるように、足は速くはないがスタミナは抜群だ。またとても嗅覚に優れており、どのような場所であろうとも忍耐強く獲物を追いかけて進む一面ももっている。目がくぼんでいて、独特の愛らしさがある。

飼育

被毛は滑らかな短毛で、手入れはしやすい。クシでとかし、硬い毛はブラッシングする程度で十分である。短い肢の豊かなしわが特徴だが、汚れがつきやすいので、濡れタオルでまめに拭いてやる。また顔面の皮膚のたるみは、瞼のトラブルや結膜炎の原因にもなるため気を配る。大きな耳の下も毎週拭くようにし、こうした日頃の手入れを十分に行う必要がある。

健康上の注意点

狩猟犬として備えたスタミナと根気で、シカやウサギなどの小動物を執拗に追い続けるだけあり、適度な運動を毎日させることは、犬の健康維持と欲求の満足のためにも欠かせない。短足で胴長の体つきだが、滑らかでのびのびとした歩き方をみせる。しつけは早い時期から、根気と時間をかけて行う。日常的な愛情深い接し方により、犬の反応もよくなる。胴が長い種類なので、体重が増えると椎間板ヘルニアになりやすい。そのため、太りすぎには十分注意する。また肥満から、背骨や四肢の疾患、緑内障がまれに発症することもある。そのため幼犬の時期から、栄養のバランスに気をつけた食生活が重要だ。また耳の感染症や、皮膚の病気などには注意が必要。