Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【大型犬】ジャーマン・ポインター

動物百科事典

イヌ 大型犬

ジャーマン・ポインター
ジャーマン・ポインター
ルーツ

その祖先犬にはスパニッシュ・ポインター、イングリッシュ・ポインター、ブラッドハウンド、フォックスハウンドなどが挙げられ、それらの血統が交じっているといわれている。その無類な能力は、利口で追跡能力のある万能の猟犬として、いつの時代でも狩猟家たちの賞賛を浴びた。19世紀になるとさらに完璧な猟犬を目標に、テリアなどとの交配が進められ、ワイアーヘアードのタイプが作出されている。

外見的特徴

バランスのとれた、たくましい体に恵まれた猟犬である。そのためあらゆる環境下で活躍する猟犬として、重宝がられた。頭部はやや長く、鼻吻部は適度な長さで、鼻筋がまっすぐ通っている。鼻は中くらいの大きさ。つけ根の位置が高い耳は、長くしなやかでわずかなヒダがあり、頬に接して垂れる。尾は通常半分程度に断尾する。被毛はショートヘアードでは短く密生して滑らかで、耐水性がある。毛色は黒かリバーの単色、あるいはこれに白が入るローンがある。ワイアーヘアードでは、中ぐらいの長さの硬い毛をしている。毛色は、リバー、リバーと白、黒と白がある。

性格

鋭敏で頭がよく、意志が強い。いつも活気に満ちていて、感覚にも優れている。大胆だが周囲の状況を素早く察知する警戒心もある。猟犬としての生い立ちからわかるように、スピードとスタミナも抜群で、運動も作業も淡々とこなしていく。優れた能力だけを結集したような、万能の犬種といえるだろう。服従訓練の飲み込みも早く飼い主に忠実なので、番犬としても、家庭犬としても、十分にその役割を果たす。

飼育

短く滑らかな被毛は、簡単な手入れでその状態を保てる。定期的に毛のブラシでとかし、必要なときに洗ってやればいい。タオル地の布やセーム革でマッサージを兼ねて全身を拭いてやる。硬いワイアーヘアードに関しては、週に2回程度、しっかりとした毛のブラシでブラッシングする。また換毛期には丁寧な管理を心がける。運動した後には、脚の点検などを怠らないようにする。

健康上の注意点

スタミナ抜群のたくましい犬種である。疲れ知らずなほど運動好きなので、犬が要求する運動を消化してやる必要があり、これには飼う側もかなりのタフさが必要だ。1日2回、最低でも30分〜1時間の引き運動や自転車運動を基本に、できるだけ時間をかけてたっぷり運動させてやる。また、猟犬としての活動的な性格を満足させるには、広い場所での自由な運動も加えてやりたい。幼犬期から基本的なしつけと服従訓練をすることで、屋外での運動も円滑に行うことができる。食事は、成犬では1日1回または2回のいずれか。1回の場合は夕方与えるようにする。栄養的にはドライフードだけでも十分だが、嗜好性を加味してやるなら、ドライフードを基本にして、缶詰めフードのほか、肉類・内臓類を煮たタンパク質、乾燥小魚、チーズなどのカルシウム、パンやごはんなどの穀類などを加えた混合食を与えてもいいだろう。運動の量に合わせてその量は調整してやる。