Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【大型犬】ペルジアン・グローネンダール

動物百科事典

イヌ 大型犬

ペルジアン・グローネンダール
ペルジアン・グローネンダール
ルーツ

ベルジアン・グローネンダールのルーツは、中世から盛んに活躍していた西ヨーロッパの牧羊犬とされているが、詳細はわかっていない。ベルギーやその周辺の地域で、牧羊犬として使われていた。グローネンダールの名前は、この黒い牧羊犬の発展に尽くした人が、ブリュッセル郊外のグローネンダール城に住んでいたことにちなんでいる。繁殖計画から誕生した数々のシェパード種は、ベルギー獣医学校の教授によって調査され、現在4犬種が国内の公認を受けている。

外見的特徴

ジャーマン・シェパード同様、形のよい頭部をもち、鼻も長い。まっすぐ立ち上がった硬い三角形の耳も特徴的である。たくましい筋肉が発達しており、体形は引き締まってスクエアだ。被毛はまっすぐで長く豊かでツヤがあり、首のまわりや肢、尾などに飾り毛をもつ。毛色の黒も特徴的だ。毛色以外に関して、外観や性格などの特徴がほぼ同様な犬種が、ベルジアン・タービュレンである。

性格

本来作業犬なので、訓練しやすく従順である。また警戒心があり防衛本能に富んでおり、かつ機敏なので警察犬などに適した気質も備えている。多少気性が荒い面もあるので、早い時期からの教育を怠らないようにし、きびしく威圧的にしつけることはしない。また親しみ深く、いつでも関心を受けたいという感情が強い犬種なので、しっかりしつければ、素晴らしいペットになるだろう。

飼育

まっすぐな上毛は長く豊かで、下毛も密生している。毎日クシでコーミングしブラッシングする必要がある。特に換毛期の手入れは十分に行うこと。また肢などにできやすい毛のもつれは切るようにする。定期的なトリミングも実行したい。

健康上の注意点

作業犬であり、本来かなりの運動が必要な犬種といえる。そのため毎日、年齢と適性に合わせた引き運動を朝と夕方の2回行うようにする。また可能であれば自由運動として、専用運動場など広場で遊ばせてやるのを、組み合わせるといい。引き運動は自転車やバイクを使って走り中心にする。食事は1日1、2回、ドライフードを基本とし、副食に肉、内臓類などのタンパク質、チーズなどのカルシウム、穀類や缶詰フードなどを、大体2割加えた混合食として与えるのが一般的である。味の濃い人間食の与えグセは禁物で、また肥満にならないよう過食や偏食に注意を払う必要がある。