Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-イヌ図鑑【大型犬】紀州犬

動物百科事典

イヌ 大型犬

紀州犬
紀州犬
ルーツ

日本古来の犬種で、ルーツは紀元前までさかのぼるといわれる。もともと三重県や和歌山県などの紀伊半島を中心に、山間の猟師たちを手伝ってイノシシ狩りなどに活躍し、一時はシカ狩りにも使われていた。また修行にでた空海(引法大師)が道に迷った際に、2頭の紀州犬が現れて高野山へと導いたといういい伝えも残っている。1934年に天然記念物に指定され、現在は獣猟犬としてだけではなく、家庭犬としても広く飼育されている。

外見的特徴

がっしりとした大きな頭部と、ふっくらとした頬が素朴な印象を与える。また、どこか気高さを漂わせる日本犬でもある。よく引き締まった腹部や水平な背、幅広の腰と、均整のとれた美しいプロポーションをもっている。その体形は、しっかりした骨格と発達した筋肉によってつくられたものといえるだろう。引き締まった唇、ややつり上がった三角形の目の瞳は暗褐色、ピンと立って前傾した三角形の耳をもち、頭蓋の中央から広い額に向けて額溝が走り、まっすぐな鼻筋をより強調している。被毛はまっすぐで硬い上毛と、密に生えた下毛でおおわれている。毛色は、白、赤、胡麻などいくつかがある。鼻の色は基本的に黒だが、毛色が白の場合は肉色も認められている。

性格

警戒心は強いが、飼い主には忠実で従順である。勇敢で行動的という日本犬独特の性格を備え、動作は俊敏で活動的。もち前の警戒心により、知らない人や周りの物事に対しては十分警戒する面があり、番犬として適している。優れた持久力と何事にもへこたれない粘り強さは、まさに獣猟犬ならではといえるだろう。

飼育

寒い時期は運動後のブラッシング以外、特に手入れは必要としない犬種だ。ただし換毛期には入念な手入れを心がける。体の汚れが気になったら、お湯につけて絞ったタオルで、よく拭いてやる程度でいいだろう。春になり温かくなってきたら、月に1度はシャンプーしてやる。また、暑い夏場には週に1度のシャンプーとともに、耳掃除の手入れも実行したい。この夏季はダニやノミが多く発生するので、まめにチェックを行い、速やかに対処したい。

健康上の注意点

山間部を走り回っていた獣猟犬なので、ストレスがたまらないように十分な運動をさせる必要がある。1日の運動としては朝夕の2回、引き運動と自転車運動を交互に行うとよいだろう。1回の運動時間は、若犬や成犬の場合、最低30分が目安となる。食事は、妊娠や出産後の母犬を除き、成犬で1日1回か朝夕の2回与える。2回与える場合は夕方の食事に重点をおき、朝は軽めにする。内容は、栄養バランスのとれたドライフードや缶詰めで十分だが、変化をつけてあげたい場合は、野菜や肉類を煮込んだ味付けなしのスープをあげてもいいだろう。人間の食事の残り物を与える場合は、ごく薄味にして与えたい。