ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【暖冬異変】写真
 この冬は、旧年の立冬に始まり今月の立春までの間というもの、マスメディアには絶えず暖冬異変情報が溢れていささか食傷気味になっています。

ペットといっしょに考えようコラム【【特別寄稿】「モカ」〜悲しみの朝、感謝をこめて〜】写真
<PETPET事務局より><br> 2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。<br><br> モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。<br><br><br>

ペットといっしょに考えようコラム【動物の健康チェック】写真
長いトンネルを抜けると、そこはウソのような明るい青空が広がっていました。<br>前月末、新潟県に出張した際の一駒です。上越国境の高い山並みの上には、真っ青な空に白い雲が浮かび眩しい陽光が降り注いでいました。

ペットといっしょに考えようコラム【青い森紀行】写真
今年も、アッと言う間に折り返し点に到達いたしました。

ペットといっしょに考えようコラム【動物たちの反撃とその対策】写真
かっては、俗にニッパチ(2月・8月)と呼ばれ、この時期は寒さ、暑さのせいか、人の動きも不活発で特段のトピックスも生じないものでした。そのために、せめて動物の話題でも、と本協会にはネタ切れ気味なマスメディアの皆さんがしげしげと取材に来られたものです。寒さに震えるサルとか暑さにうだるホッキョクグマの類です。

ペットといっしょに考えようコラム【名犬伝説】写真
出張の帰途、遅い春を迎えたばかりの信州は中央アルプスのふもとに位置する「光前寺」を訪ねてきました。国の名勝にも指定された古刹で、近年は夜桜の美しさや庭の光苔が有名となり、しばしばテレビにも紹介されています。

ペットといっしょに考えようコラム【たかが犬、されど犬】写真
晩秋から初冬にかけ、武蔵野の雑木林はまるでパステル画のように変化していきます。たまの休日、朝な夕なにアイツ(7歳・38Kg)を引き連れて静寂の中を歩き回るのですが、いささか陳腐な表現を借りれば陽に映える紅葉は得も言われぬ美しさです。

ペットといっしょに考えようコラム【ペット人口増加の是非】写真
この春は、2度にわたり車で信濃路を訪ねる機会がありました。<br><br>いまだ山は眠り、頂きに白雪を残す3月と若葉が鮮やかに目に沁み、野面がリンゴの花に埋め尽くされた5月初旬です。中でも、「ふるさと」や「おぼろ月夜」等のなつかしい小学唱歌の舞台となった地方では、思い描いていた歌詞そのままの日本の原風景を見るおもむきでした。

梅雨前線がすぐそばまで接近してきました。過ぎ去ろうとしている爽やかだった五月が名残惜しくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【老化現象】写真
この一両年は、清涼の季が到来すると決まって、やれやれ今年もアイツ(12才・34Kg)は無事に夏を乗り越えることができた、とホット安堵するのが常となりました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(91件中)