ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【野生鳥獣】写真
八十八夜も間近、お茶の新芽が色鮮やかに出揃いました。;

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物の明日】写真
明けましておめでとうございます。<br> 旧年の末には、イヌ年の掉尾を飾るべく、アイツ(10才・36Kg)に敬意を表してトリミングに出掛け、首輪も6年ぶりに真っ赤な新品に付け替えました。まさに「馬子にも衣装」で、見違えるほど可愛く(?)なり、無事に十二支アンカーのイノシシにバトンタッチしたところです。

ペットといっしょに考えようコラム【骨】写真
寒さはピークを迎えていますが、いつしか旧年末と比べても、あまり寒さを感じなくなりました。身体が徐々に馴染んだせいなのか、それともほのかに春の息吹を感じ始めたからでしょうか。老骨(?)にムチ打ちながら、相も変わらずハンで押したようにアイツ(9才・37Kg)との散歩に精勤していますが、その道すがらでのネコヤナギの枝には、花穂の銀毛がサヤのように伸びてきました。春遠からじです。

ペットといっしょに考えようコラム【ありがとう】写真
何気ない、いつもながらの休日の日課なのですが、長年にわたりほぼ午前7時前後にはアイツ(12才・34Kg)といつもの公園をユックリ散歩しています。毎年の元旦もまた然りでした。ちょうど初日の出を仰ぐ時間帯でもあり、極めてシンプルな目標をつぶやくのが常でしたが、今年はいささか趣が異なりました。今更、目標を立てる訳ではなく、むしろ遠く走り続けてきた歳月を振り返るよすがにしようと思い立ちました。

ペットといっしょに考えようコラム【Amazing Grace(アメイジング グレイス)】写真
午前6時、すでに輝きを失いつつある月が入り残る西の方をめざし、アイツ(9才・37kg)との散歩をスタートいたします。つい先ごろのこの時分は、青味ががった空が凍てつき、たまに行き交う人の姿も判別しかねる暗さでしたが、弥生3月を迎へてにわかに日の出も早まり、明るさがまし冷気も薄れてきました。

ペットといっしょに考えようコラム【オレ流の環境問題】写真
一面の広い芝生の公園は、そこだけが一段と緑が濃くなってクローバーが密生しています。かれこれ50分ほど歩き回り、アイツ(7歳・37Kg)の呼吸も激しさを増してきたので、深々としたジュータンに腰を下ろすとアイツも傍らに身を横たえてきました。

ペットといっしょに考えようコラム【アメニティ】写真
それがアイツ(11才・33Kg)にとって、権利なのか義務なのかは定かではないのですが、いつも喜び勇んでシッポを振りながら早朝の散歩に出掛け、終えるとケネルにこもって安穏にまどろんでいる姿を垣間見ると、果たしてアイツは自分の環境に満足(?)してくれているのか、聞いてみたくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【加齢】写真
前線の停滞により、さしもの灼熱地獄もようやく和らぎましたが、それにしてもこの夏はすさまじい暑さでした。

明るい陽ざしが春の訪れが近いことを告げています。<br>しかし世相に顔を向けると…。政治、経済そして人と動物との関わり、世相の反映とはいえ情けない限りです。本格的な春の到来が心から待たれます。

ペットといっしょに考えようコラム【バロメーター】写真
八十八夜を間近に迎え、拙宅に隣接する広い茶畑は、いつしか深緑から黄緑へと色鮮やかに変身してきました。ここは、「かおり静岡、あじ狭山」と並び称されるおいしい茶産地の一隅で、まもなく新芽の茶摘みが始まります。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(91件中)