ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)
台風一過、猛暑をついて茨城県まで出張に出向きました。利根川を渡るや車窓は一変し、山野はまさに滴るような目にやさしい緑一色に染め上げられ、真っ青な夏空には数片の白雲が列車と並行するかのように北へ流れていました。

ペットといっしょに考えようコラム【暖冬異変】写真
 この冬は、旧年の立冬に始まり今月の立春までの間というもの、マスメディアには絶えず暖冬異変情報が溢れていささか食傷気味になっています。

ひところ、「○○にやさしい」というコピーがマスメディアに氾濫していた。曰く○○は地球であり、環境であり、そして動物である。ストレスにさいなまれ、ギスギスして世の中における拠として誰しもが「やさしさ」を求めており、耳に心地よく素直に受け止められるからであろう。

ペットといっしょに考えようコラム【自然のうつろい】写真
あけましておめでとうございます<br><br>いささか旧聞ですが、ちょうど「冬至冬中冬はじめ」の頃のことです。<br><br>この冬一番の寒気団が押し寄せてきた冷え込みの中、例によってアイツ(7才・37Kg)と夜更けの散歩をしていました。

ペットといっしょに考えようコラム【干支のイヌ年にあたり】写真
明けましておめでとうございます。<br><br>暮れも正月も関係なく、アイツ(9才・38kg)との散歩の日課は年中不変ですが、その道すがらどこからでも望見できるのが雄大な関東山地です。取り分けても冬晴れの朝は、白雪の富士山を中心に南西から北東へと大山(神奈川県)、大岳山(東京都)、武甲山(埼玉県)等がそびえたち、くっきりした大パノラマが楽しめます。

ペットといっしょに考えようコラム【虚と実】写真
爽やかな薫風に誘われて、休日の散歩コースはアイツ(7才・37kg)と里山の雑木林を巡っています。お目当ては「タラノキ」の芽であり、楽しみは晩酌の肴とするテンプラです。

ペットといっしょに考えようコラム【犬とメロディ】写真
日頃からテレビ(芸能)音痴を自認していましたが、いきなりカーラジオからその歌が流れてきた時はビックリいたしました。20余年も前のなつかしい「大きな古時計」の曲で、今になって大ヒットしていることを知らされた次第です。

ペットといっしょに考えようコラム【雑草】写真
夜来、天気予報は「明日は全国的に快晴に恵まれ、暖かくなるでしょう」と繰り返し、密かにワクワクしていました。何も、特段な予定があるわけでもなく、いつものようにアイツ(11才・33Kg)との早朝散歩で一日が始まり、夜の散歩で終わるだけのことですが、ただ全国の春の訪れを確認したかったのです。

ペットといっしょに考えようコラム【いのちを育む】写真
寒暖を繰り返しながら、ようやく本格的な春のおとずれをむかえました。<br><br>花が咲き乱れ、山も笑いだし、自然界は華やかに装いを一新しています。そして、動物界も各地でにぎやかなベビーラッシュが続いています。

夏の訪れとともに、花々の装いも紫系からクチナシ等に代表される白系へと移ってきました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)