ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【(財)日本動物愛護協会の会田保彦氏がつづるコラムです。今月は「動物を飼う」についてです】写真
リニューアルとともに登場したこのコーナー。(財)日本動物愛護協会の理事であり、事務局長である会田保彦氏がつづる、ペットとその愛好家をテーマにしたコラムです。会田氏が動物愛護の観点から日頃考えていることを、毎回テーマを決めながら愛好家の皆さんに呼びかけの形で提案していきます。今回はペットたちと愛好家のモラル、社会の関係との微妙な問題。ペット愛好家のひとりとして、しっかりと考えてみましょう。

ペットといっしょに考えようコラム【動物の健康チェック】写真
長いトンネルを抜けると、そこはウソのような明るい青空が広がっていました。<br>前月末、新潟県に出張した際の一駒です。上越国境の高い山並みの上には、真っ青な空に白い雲が浮かび眩しい陽光が降り注いでいました。

ペットといっしょに考えようコラム【幼児教育】写真
緑滴る広大な公園では、芝生や木陰に待機していた100人ほどの人々が、午前6時30分のラジオを合図に一斉に体を動かしはじめる。第一体操、第二体操を終えるころには、既に人生の黄秋に達しているとおぼしき皆さんが爽やかな顔付きで汗をぬぐっている。

ペットといっしょに考えようコラム【犬とメロディ】写真
日頃からテレビ(芸能)音痴を自認していましたが、いきなりカーラジオからその歌が流れてきた時はビックリいたしました。20余年も前のなつかしい「大きな古時計」の曲で、今になって大ヒットしていることを知らされた次第です。

ペットといっしょに考えようコラム【雑草】写真
夜来、天気予報は「明日は全国的に快晴に恵まれ、暖かくなるでしょう」と繰り返し、密かにワクワクしていました。何も、特段な予定があるわけでもなく、いつものようにアイツ(11才・33Kg)との早朝散歩で一日が始まり、夜の散歩で終わるだけのことですが、ただ全国の春の訪れを確認したかったのです。

ペットといっしょに考えようコラム【境   界】写真
毎休日のことですが、この時期におけるアイツ(オス・5才・36Kg)との散歩コースは、まぶしい日差しをのがれて緑陰がメインとなります。

ペットといっしょに考えようコラム【自然のうつろい】写真
あけましておめでとうございます<br><br>いささか旧聞ですが、ちょうど「冬至冬中冬はじめ」の頃のことです。<br><br>この冬一番の寒気団が押し寄せてきた冷え込みの中、例によってアイツ(7才・37Kg)と夜更けの散歩をしていました。

「2月が足早ににげてしまった。」などとひとりごとながら、例によってアイツ(5歳・35kg)と夜更の散歩をする。

ペットといっしょに考えようコラム【似たもの同志】写真
明けましておめでとうございます。<br>俗に、犬は人に付き、猫は家に付くと言われますが、確かに犬の場合は飼い主の一挙手一投足に鋭敏な反応を示し学習をしていくようです。そのせいでしょうか、時たま、飼い主によく似た犬や犬によく似た飼い主を見かけることがあります。

立春も間近、早くも庭の片隅では「フキノトウ」が二つほど顔をのぞかせてきました。季節のうつろいは正直ですが、寒さは今がピークのようです。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)