ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【雑草】写真
夜来、天気予報は「明日は全国的に快晴に恵まれ、暖かくなるでしょう」と繰り返し、密かにワクワクしていました。何も、特段な予定があるわけでもなく、いつものようにアイツ(11才・33Kg)との早朝散歩で一日が始まり、夜の散歩で終わるだけのことですが、ただ全国の春の訪れを確認したかったのです。

気がつけば、日脚がグーンとのびて球春も間近、暖かい陽光が待ち望まれます。<br>つい最近のことですが、お年玉のつもりでアイツ(6才・36Kg)に念願の木造新居(コテージ風ワンルーム)を奮発いたしました。これまでの大型中古バリケンと比べて一挙にグレードアップしたところです。

いつしか日没時間も早まり、もの静かな晩夏の気配が漂いはじめたころ、俄かに日本列島の各地が拡声器の大声であふれ始めました。その20日ほど前のことですが、炎暑の盛りに万博で賑わう観光客をしり目に愛知県の三河地方に出向きました。

夏の盛り、小さな庭一面に雑草が生い茂り、休日を待ち兼ねて素手で駆除の戦いをいどむのが常となっています。強い陽射しの中、腰をかがめての作業は決して楽ではありませんが、指先に全神経を集中していると、いつしか一心不乱となり夢中で格闘しています。うまく根っこから引き抜けた時は満足感に酔い、途中でちぎれた時はすかさずスコップを使ってリベンジをしながら、やがてビニール袋一杯に収穫(?)を積めて終了します。

ペットといっしょに考えようコラム【名犬伝説】写真
出張の帰途、遅い春を迎えたばかりの信州は中央アルプスのふもとに位置する「光前寺」を訪ねてきました。国の名勝にも指定された古刹で、近年は夜桜の美しさや庭の光苔が有名となり、しばしばテレビにも紹介されています。

ペットといっしょに考えようコラム【犬のサイン】写真
いつもは、アイツ(6才・36Kg)を真横に従えてリーダーウォークを常としているが、時に真後ろに回って独特のモンローウォークをしげしげとながめることがある。いつもながら色気タップリに左右に揺れるお尻とブラブラしている太くて長いシッポに愛嬌があって可愛いもんだ。

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物「タマちゃん」】写真
きびしい残暑が身にこたえます。<br>建物も電車も車も一様に冷房が完備されてずい分とすごし易くなっているはずなのに、一歩外に出るとまるで熱したフライパンの中にいるようです。

ペットといっしょに考えようコラム【風の中で】写真
彼岸の入りをした直後、発達した低気圧の影響で猛烈な春の嵐に見舞われました。<br><br>アイツ(9才・37Kg)と休日に過ごす広大な公園は、空では風に逆らって飛ぶ3羽のカラスがボロ雑巾のような姿できりもみ状況となって喘ぎ、地上では枯れ葉が渦を巻いて体に襲いかかり、遠くの山並みは砂ぼこりで茶色に煙っています。さしもの桜の名所も人影は疎らで、こんな日に出歩くのは余程の物好きと思われたことでしょう。

いつの頃からか記憶は定かではありませんが、いつしか「オオカミ」にはまってしまいました。長じて、動物愛護でメシを食うようになってからも、その思いは募る一方です。

ペットといっしょに考えようコラム【動物とマスメディア】写真
動物愛護週間のイベントが済み、ホッと一息ついています。気がつけば、酷しい残暑にまとわりつくように咲き誇っていた百日紅(サルスベリ)もいつしか色あせ、とって代るように野辺には彼岸花が色取りを添えています。毎年のことながら、季を違えぬ律儀な花と感心しています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)