ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
31~40(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【風の中で】写真
彼岸の入りをした直後、発達した低気圧の影響で猛烈な春の嵐に見舞われました。<br><br>アイツ(9才・37Kg)と休日に過ごす広大な公園は、空では風に逆らって飛ぶ3羽のカラスがボロ雑巾のような姿できりもみ状況となって喘ぎ、地上では枯れ葉が渦を巻いて体に襲いかかり、遠くの山並みは砂ぼこりで茶色に煙っています。さしもの桜の名所も人影は疎らで、こんな日に出歩くのは余程の物好きと思われたことでしょう。

念願の青森県・三内丸山遺跡を訪ねました。古代縄文人の動物との係りの深さは、動物愛護精神の原点とも言える物です。現代社会の抱える問題点を解決するヒントは、もしかしたらここにあるのではないでしょうか。

ペットといっしょに考えようコラム【異変と動物】写真
テレビの週間天気予報は、毎日が曇天とカサのマークばかりが続き、とうとう梅雨明け宣言の出ないままに8月を迎えそうです。

ペットといっしょに考えようコラム【犬のサイン】写真
いつもは、アイツ(6才・36Kg)を真横に従えてリーダーウォークを常としているが、時に真後ろに回って独特のモンローウォークをしげしげとながめることがある。いつもながら色気タップリに左右に揺れるお尻とブラブラしている太くて長いシッポに愛嬌があって可愛いもんだ。

ペットといっしょに考えようコラム【麦秋の頃】写真
通勤電車の車窓からながめる雑木林の青葉が目に沁みます。

ペットといっしょに考えようコラム【いのちを育む】写真
寒暖を繰り返しながら、ようやく本格的な春のおとずれをむかえました。<br><br>花が咲き乱れ、山も笑いだし、自然界は華やかに装いを一新しています。そして、動物界も各地でにぎやかなベビーラッシュが続いています。

ペットといっしょに考えようコラム【(財)日本動物愛護協会の会田保彦氏がつづるコラムです。今月は「動物を飼う」についてです】写真
リニューアルとともに登場したこのコーナー。(財)日本動物愛護協会の理事であり、事務局長である会田保彦氏がつづる、ペットとその愛好家をテーマにしたコラムです。会田氏が動物愛護の観点から日頃考えていることを、毎回テーマを決めながら愛好家の皆さんに呼びかけの形で提案していきます。今回はペットたちと愛好家のモラル、社会の関係との微妙な問題。ペット愛好家のひとりとして、しっかりと考えてみましょう。

ペットといっしょに考えようコラム【幼児教育】写真
緑滴る広大な公園では、芝生や木陰に待機していた100人ほどの人々が、午前6時30分のラジオを合図に一斉に体を動かしはじめる。第一体操、第二体操を終えるころには、既に人生の黄秋に達しているとおぼしき皆さんが爽やかな顔付きで汗をぬぐっている。

明けましておめでとうございます。<br><br>「今年こそは!」と心新たに張り切っておられる皆様に、いきなり冷水を降りかけるような小言で恐縮ですが、これが怒らずにいられますか?。

ペットといっしょに考えようコラム【やきもち】写真
朝から冷たい雨が降りしきり、郊外の住宅街では早くも灯油販売のトラックがオルゴールを鳴らしてユックリと往来しています。ひと月前の残暑がまるでウソのようです。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
31~40(91件中)