ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【キャラクター】写真
目の前に番のキジバトがエサをついばんでいます。

ペットといっしょに考えようコラム【動物とマスメディア】写真
動物愛護週間のイベントが済み、ホッと一息ついています。気がつけば、酷しい残暑にまとわりつくように咲き誇っていた百日紅(サルスベリ)もいつしか色あせ、とって代るように野辺には彼岸花が色取りを添えています。毎年のことながら、季を違えぬ律儀な花と感心しています。

ペットといっしょに考えようコラム【温故知新】写真
つい、一月前までのアイツ(10才・36Kg)との散歩は、短パンとTシャツスタイルが定番だったのですが、いつしか長袖にベストを羽織るほどに秋色が深まり、<br>道の端では野菊も咲きはじめました。どういう訳かこの花を見ると、半世紀以上も前に習った同じ題名の小学唱歌を思い出し、口ずさみます。

ペットといっしょに考えようコラム【やきもち】写真
朝から冷たい雨が降りしきり、郊外の住宅街では早くも灯油販売のトラックがオルゴールを鳴らしてユックリと往来しています。ひと月前の残暑がまるでウソのようです。

ペットといっしょに考えようコラム【ターミナル】写真
台風一過、澄みきった夜空に月の光が輝いています。

ペットといっしょに考えようコラム【「トラブル」】写真
いつものことですが、アイツ(8才・37.5kg)との散歩の道すがらに愛で楽しむ巨大なケヤキの木があります。ご覧のように地球儀のような円形をしており、姿よく辺りの茶畑を見下ろしています。

休日に限り、アイツ(オス・5才・35Kg)との朝の散歩コースは、時間延長サービスで近くの一級河川(川幅はわずか2m余り)の土手沿いをのんびりと歩くのが定番となっています。そこにはカルガモが棲みつき、3月の上旬には軟式ボールほどの8羽のヒナを見かけました。やがてヒナたちはソフトボールの大きさに成長しましたが、数は5羽に減っていました。そう言えば、川岸のムクの大木にはいつも数羽のカラスが・・・。

ペットといっしょに考えようコラム【幼児教育】写真
緑滴る広大な公園では、芝生や木陰に待機していた100人ほどの人々が、午前6時30分のラジオを合図に一斉に体を動かしはじめる。第一体操、第二体操を終えるころには、既に人生の黄秋に達しているとおぼしき皆さんが爽やかな顔付きで汗をぬぐっている。

ペットといっしょに考えようコラム【麦秋の頃】写真
通勤電車の車窓からながめる雑木林の青葉が目に沁みます。

ペットといっしょに考えようコラム【転位行動】写真
大寒の時期をさかいに、日本列島の各地ではいよいよ寒さがピークに達したようです。それでも庭のすみには「ふきのとう」が顔をのぞかせ、星を仰いでのアイツ(7才・37Kg)との早朝散歩も、帰路にはいつしか東の空が朱に染まってしらしら明けてくるようになりました。春遠からじを実感するとともに、足元が少しずつ確かになっていくのは大歓迎です。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(91件中)