ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【「トラブル」】写真
いつものことですが、アイツ(8才・37.5kg)との散歩の道すがらに愛で楽しむ巨大なケヤキの木があります。ご覧のように地球儀のような円形をしており、姿よく辺りの茶畑を見下ろしています。

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物「タマちゃん」】写真
きびしい残暑が身にこたえます。<br>建物も電車も車も一様に冷房が完備されてずい分とすごし易くなっているはずなのに、一歩外に出るとまるで熱したフライパンの中にいるようです。

ペットといっしょに考えようコラム【ペット人口増加の是非】写真
この春は、2度にわたり車で信濃路を訪ねる機会がありました。<br><br>いまだ山は眠り、頂きに白雪を残す3月と若葉が鮮やかに目に沁み、野面がリンゴの花に埋め尽くされた5月初旬です。中でも、「ふるさと」や「おぼろ月夜」等のなつかしい小学唱歌の舞台となった地方では、思い描いていた歌詞そのままの日本の原風景を見るおもむきでした。

「白玉の歯にしみとほる秋の夜は」を迎えるにはまだ間がありそうですが、それでも動物愛護週間が終了するとともに随分と凌ぎやすくなり、アイツ(8才・37.5Kg)も精気を取り戻して散歩時間が長くなってきました。

台風一過、猛暑をついて茨城県まで出張に出向きました。利根川を渡るや車窓は一変し、山野はまさに滴るような目にやさしい緑一色に染め上げられ、真っ青な夏空には数片の白雲が列車と並行するかのように北へ流れていました。

例年のことですが、年度末を迎えると地方への出張が頻繁となります。<br>家人からは、「いろいろな所に行けていいわね」と言われますが、どうやら旅行と勘違いしているようで、いささか心外です。

ペットといっしょに考えようコラム【動物たちの反撃とその対策】写真
かっては、俗にニッパチ(2月・8月)と呼ばれ、この時期は寒さ、暑さのせいか、人の動きも不活発で特段のトピックスも生じないものでした。そのために、せめて動物の話題でも、と本協会にはネタ切れ気味なマスメディアの皆さんがしげしげと取材に来られたものです。寒さに震えるサルとか暑さにうだるホッキョクグマの類です。

ペットといっしょに考えようコラム【自然のうつろい】写真
あけましておめでとうございます<br><br>いささか旧聞ですが、ちょうど「冬至冬中冬はじめ」の頃のことです。<br><br>この冬一番の寒気団が押し寄せてきた冷え込みの中、例によってアイツ(7才・37Kg)と夜更けの散歩をしていました。

明けましておめでとうございます。<br><br>「今年こそは!」と心新たに張り切っておられる皆様に、いきなり冷水を降りかけるような小言で恐縮ですが、これが怒らずにいられますか?。

ペットといっしょに考えようコラム【アミニズム】写真
北国(青森県)に出張し、間一髪、雪との遭遇は逃れましたが、寒波を道連れに帰京いたしました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(91件中)