ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【きめこまかい観察】写真
一月は行って、二月は逃げて、三月は去って、瞬く間に3ケ月がすぎました。<br>しかし、この間は、季節のうつろいが目で、肌で最も実感できる時期でもあります。フキノトウはいつしか小さな葉を広げ、タラノキのてっぺんにはおいしそうな芽が艶やかに輝き、そして満員の通勤電車では、早くも窓開けに協力依頼をする放送が流れています。

「白玉の歯にしみとほる秋の夜は」を迎えるにはまだ間がありそうですが、それでも動物愛護週間が終了するとともに随分と凌ぎやすくなり、アイツ(8才・37.5Kg)も精気を取り戻して散歩時間が長くなってきました。

ペットといっしょに考えようコラム【風の中で】写真
彼岸の入りをした直後、発達した低気圧の影響で猛烈な春の嵐に見舞われました。<br><br>アイツ(9才・37Kg)と休日に過ごす広大な公園は、空では風に逆らって飛ぶ3羽のカラスがボロ雑巾のような姿できりもみ状況となって喘ぎ、地上では枯れ葉が渦を巻いて体に襲いかかり、遠くの山並みは砂ぼこりで茶色に煙っています。さしもの桜の名所も人影は疎らで、こんな日に出歩くのは余程の物好きと思われたことでしょう。

ペットといっしょに考えようコラム【夏バテ】写真
東日本を中心に冷夏にみまわれ、各地でホコロビが出始めてきました。クーラーが大量に売れ残り、おコメの作柄は10年ぶりに不良の由。

ペットといっしょに考えようコラム【「トラブル」】写真
いつものことですが、アイツ(8才・37.5kg)との散歩の道すがらに愛で楽しむ巨大なケヤキの木があります。ご覧のように地球儀のような円形をしており、姿よく辺りの茶畑を見下ろしています。

ペットといっしょに考えようコラム【幼児教育】写真
緑滴る広大な公園では、芝生や木陰に待機していた100人ほどの人々が、午前6時30分のラジオを合図に一斉に体を動かしはじめる。第一体操、第二体操を終えるころには、既に人生の黄秋に達しているとおぼしき皆さんが爽やかな顔付きで汗をぬぐっている。

ペットといっしょに考えようコラム【明るく伸びやかに】写真
あけましておめでとうございます。<br> 冬至をさかいに、日一日と日脚が長くなってきました。

ペットといっしょに考えようコラム【木の芽時】写真
風光る4月から、風薫る候へと移ろってきました。新芽が萌え出でる山野は、まるでパステル画を見るようで、緑の色調は日一日と濃さをおび、ボリュームを増しながら鮮やかに変わっていきます。

もの心がつき、桜を愛ではじめてから半世紀がすぎましたが、いつもイメージとしては、4月・陽春・新学期が定番となっていただけに、あまりにも早すぎる今年の桜の開花に大いに戸惑いを覚えています。そして、心なしか花の色もうすく、いつになく白みをおびているようにも思えます。

ペットといっしょに考えようコラム【動物とマスメディア】写真
動物愛護週間のイベントが済み、ホッと一息ついています。気がつけば、酷しい残暑にまとわりつくように咲き誇っていた百日紅(サルスベリ)もいつしか色あせ、とって代るように野辺には彼岸花が色取りを添えています。毎年のことながら、季を違えぬ律儀な花と感心しています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(91件中)