ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【他人の目】写真
サクランボ、ナシ、コメ等の農作物盗難事件が全国各地で頻発し、報じられています。既に、当該犯罪件数は例年よりも50%も増えている由。<br>生産農家の皆さんが、春から丹精を込めて育て上げ、ようやく収穫にこぎつけたものを盗むとは、とんでもない話です。

ペットといっしょに考えようコラム【骨】写真
寒さはピークを迎えていますが、いつしか旧年末と比べても、あまり寒さを感じなくなりました。身体が徐々に馴染んだせいなのか、それともほのかに春の息吹を感じ始めたからでしょうか。老骨(?)にムチ打ちながら、相も変わらずハンで押したようにアイツ(9才・37Kg)との散歩に精勤していますが、その道すがらでのネコヤナギの枝には、花穂の銀毛がサヤのように伸びてきました。春遠からじです。

ペットといっしょに考えようコラム【練習はウソをつかない】写真
この夏は、記録的な灼熱地獄でしたが、スポーツでも熱かった。<br><br>高校野球は、真紅の大優勝旗が史上初めて津軽海峡を渡り、オリンピックはメダルラッシュに湧きました。そして、真夏の感動が去ると一転して暑さも峠を越えたかのように涼しくなり、どうやらアイツ(7才・37Kg)も少しずつ息を吹き返してきました。

ペットといっしょに考えようコラム【アミニズム】写真
北国(青森県)に出張し、間一髪、雪との遭遇は逃れましたが、寒波を道連れに帰京いたしました。

ペットといっしょに考えようコラム【黄秋】写真
庭の柿の木は、まるで日めくりのカレンダ−を剥がしているかのように、日毎に葉を落とし続けて残りもあとわずか、冬間近の風情をかもしています。

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物「タマちゃん」】写真
きびしい残暑が身にこたえます。<br>建物も電車も車も一様に冷房が完備されてずい分とすごし易くなっているはずなのに、一歩外に出るとまるで熱したフライパンの中にいるようです。

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物の明日】写真
明けましておめでとうございます。<br> 旧年の末には、イヌ年の掉尾を飾るべく、アイツ(10才・36Kg)に敬意を表してトリミングに出掛け、首輪も6年ぶりに真っ赤な新品に付け替えました。まさに「馬子にも衣装」で、見違えるほど可愛く(?)なり、無事に十二支アンカーのイノシシにバトンタッチしたところです。

休日に限り、アイツ(オス・5才・35Kg)との朝の散歩コースは、時間延長サービスで近くの一級河川(川幅はわずか2m余り)の土手沿いをのんびりと歩くのが定番となっています。そこにはカルガモが棲みつき、3月の上旬には軟式ボールほどの8羽のヒナを見かけました。やがてヒナたちはソフトボールの大きさに成長しましたが、数は5羽に減っていました。そう言えば、川岸のムクの大木にはいつも数羽のカラスが・・・。

夏の訪れとともに、花々の装いも紫系からクチナシ等に代表される白系へと移ってきました。

小寒い風に吹かれて、薄紫・黄色・白など色とりどりの野菊がやさしく揺れています。茶畑はタップリと夜露にまみれ濡れそぼっています。すっかり秋が深まりました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(91件中)