ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【君がいてよかった】写真
あけましておめでとうございます。お年玉と言っては我田引水ですが、HP閲覧の皆様にトピックスをご案内申し上げます。

ペットといっしょに考えようコラム【散歩の理由】写真
定かな記憶にないほど、何年かぶりに風邪をひいてしまいました。<br>しかし、この間も早朝と深夜におけるアイツ(6才・36Kg)との散歩は皆勤で励行しています。

ペットといっしょに考えようコラム【(財)日本動物愛護協会の会田保彦氏がつづるコラムです。今月は「動物を飼う」についてです】写真
リニューアルとともに登場したこのコーナー。(財)日本動物愛護協会の理事であり、事務局長である会田保彦氏がつづる、ペットとその愛好家をテーマにしたコラムです。会田氏が動物愛護の観点から日頃考えていることを、毎回テーマを決めながら愛好家の皆さんに呼びかけの形で提案していきます。今回はペットたちと愛好家のモラル、社会の関係との微妙な問題。ペット愛好家のひとりとして、しっかりと考えてみましょう。

ペットといっしょに考えようコラム【正直】写真
小春日和のやわらかい陽射しを浴びて、雑木林の紅葉が美しく輝いています。

夏の訪れとともに、花々の装いも紫系からクチナシ等に代表される白系へと移ってきました。

ペットといっしょに考えようコラム【動物たちの反撃とその対策】写真
かっては、俗にニッパチ(2月・8月)と呼ばれ、この時期は寒さ、暑さのせいか、人の動きも不活発で特段のトピックスも生じないものでした。そのために、せめて動物の話題でも、と本協会にはネタ切れ気味なマスメディアの皆さんがしげしげと取材に来られたものです。寒さに震えるサルとか暑さにうだるホッキョクグマの類です。

ペットといっしょに考えようコラム【春遠からじ】写真
ひときわ寒さが肌を刺します。<br> 出勤時、郊外の最寄り駅前にある電光掲示板は、−3度を示していました。

ペットといっしょに考えようコラム【夏の健康管理】写真
雨間につかの間の青空、久しぶりの休日はアイツ(6才・36Kg)の世話に明け暮れてしまった。

ペットといっしょに考えようコラム【外来生物】写真
久しぶりに早朝から夏空が広がりました。

ペットといっしょに考えようコラム【暖冬異変】写真
 この冬は、旧年の立冬に始まり今月の立春までの間というもの、マスメディアには絶えず暖冬異変情報が溢れていささか食傷気味になっています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(91件中)