ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【【特別寄稿】「モカ」〜悲しみの朝、感謝をこめて〜】写真
<PETPET事務局より><br> 2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。<br><br> モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。<br><br><br>

ペットといっしょに考えようコラム【ペット人口増加の是非】写真
この春は、2度にわたり車で信濃路を訪ねる機会がありました。<br><br>いまだ山は眠り、頂きに白雪を残す3月と若葉が鮮やかに目に沁み、野面がリンゴの花に埋め尽くされた5月初旬です。中でも、「ふるさと」や「おぼろ月夜」等のなつかしい小学唱歌の舞台となった地方では、思い描いていた歌詞そのままの日本の原風景を見るおもむきでした。

梅雨前線がすぐそばまで接近してきました。過ぎ去ろうとしている爽やかだった五月が名残惜しくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【自然のうつろい】写真
あけましておめでとうございます<br><br>いささか旧聞ですが、ちょうど「冬至冬中冬はじめ」の頃のことです。<br><br>この冬一番の寒気団が押し寄せてきた冷え込みの中、例によってアイツ(7才・37Kg)と夜更けの散歩をしていました。

ペットといっしょに考えようコラム【動物の健康チェック】写真
長いトンネルを抜けると、そこはウソのような明るい青空が広がっていました。<br>前月末、新潟県に出張した際の一駒です。上越国境の高い山並みの上には、真っ青な空に白い雲が浮かび眩しい陽光が降り注いでいました。

ペットといっしょに考えようコラム【キャラクター】写真
目の前に番のキジバトがエサをついばんでいます。

ペットといっしょに考えようコラム【やきもち】写真
朝から冷たい雨が降りしきり、郊外の住宅街では早くも灯油販売のトラックがオルゴールを鳴らしてユックリと往来しています。ひと月前の残暑がまるでウソのようです。

ペットといっしょに考えようコラム【麦秋の頃】写真
通勤電車の車窓からながめる雑木林の青葉が目に沁みます。

「2月が足早ににげてしまった。」などとひとりごとながら、例によってアイツ(5歳・35kg)と夜更の散歩をする。

ペットといっしょに考えようコラム【散歩の理由】写真
定かな記憶にないほど、何年かぶりに風邪をひいてしまいました。<br>しかし、この間も早朝と深夜におけるアイツ(6才・36Kg)との散歩は皆勤で励行しています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(91件中)