ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【骨】写真
寒さはピークを迎えていますが、いつしか旧年末と比べても、あまり寒さを感じなくなりました。身体が徐々に馴染んだせいなのか、それともほのかに春の息吹を感じ始めたからでしょうか。老骨(?)にムチ打ちながら、相も変わらずハンで押したようにアイツ(9才・37Kg)との散歩に精勤していますが、その道すがらでのネコヤナギの枝には、花穂の銀毛がサヤのように伸びてきました。春遠からじです。

ペットといっしょに考えようコラム【木の芽時】写真
風光る4月から、風薫る候へと移ろってきました。新芽が萌え出でる山野は、まるでパステル画を見るようで、緑の色調は日一日と濃さをおび、ボリュームを増しながら鮮やかに変わっていきます。

ペットといっしょに考えようコラム【ペットビジネス】写真
まるでハンで押したような日課ですが、早朝と夜更けにアイツ(10才・36Kg)と、のんびり語らい(?)ながら歩いています。その合間に、こちらは畦畔の彼岸花やキンモクセイの芳香等の小さな秋を見つけたり、アイツは芝生に寝ころんで身体をこすりつけたりと、お互いに好き勝手をして過ごします。それにしても、この異常気象にも負けずに、いずれの花も見事に時期を違えずに咲き出すものと、いつも自然界の摂理に感心させられています。

「2月が足早ににげてしまった。」などとひとりごとながら、例によってアイツ(5歳・35kg)と夜更の散歩をする。

ペットといっしょに考えようコラム【青い森紀行】写真
今年も、アッと言う間に折り返し点に到達いたしました。

いつの頃からか記憶は定かではありませんが、いつしか「オオカミ」にはまってしまいました。長じて、動物愛護でメシを食うようになってからも、その思いは募る一方です。

ペットといっしょに考えようコラム【雑草】写真
夜来、天気予報は「明日は全国的に快晴に恵まれ、暖かくなるでしょう」と繰り返し、密かにワクワクしていました。何も、特段な予定があるわけでもなく、いつものようにアイツ(11才・33Kg)との早朝散歩で一日が始まり、夜の散歩で終わるだけのことですが、ただ全国の春の訪れを確認したかったのです。

もの心がつき、桜を愛ではじめてから半世紀がすぎましたが、いつもイメージとしては、4月・陽春・新学期が定番となっていただけに、あまりにも早すぎる今年の桜の開花に大いに戸惑いを覚えています。そして、心なしか花の色もうすく、いつになく白みをおびているようにも思えます。

ペットといっしょに考えようコラム【明るく伸びやかに】写真
あけましておめでとうございます。<br> 冬至をさかいに、日一日と日脚が長くなってきました。

梅雨前線がすぐそばまで接近してきました。過ぎ去ろうとしている爽やかだった五月が名残惜しくなります。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(91件中)