ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【「トラブル」】写真
いつものことですが、アイツ(8才・37.5kg)との散歩の道すがらに愛で楽しむ巨大なケヤキの木があります。ご覧のように地球儀のような円形をしており、姿よく辺りの茶畑を見下ろしています。

ペットといっしょに考えようコラム【たかが犬、されど犬】写真
晩秋から初冬にかけ、武蔵野の雑木林はまるでパステル画のように変化していきます。たまの休日、朝な夕なにアイツ(7歳・38Kg)を引き連れて静寂の中を歩き回るのですが、いささか陳腐な表現を借りれば陽に映える紅葉は得も言われぬ美しさです。

ペットといっしょに考えようコラム【ターミナル】写真
台風一過、澄みきった夜空に月の光が輝いています。

ペットといっしょに考えようコラム【動物の健康チェック】写真
長いトンネルを抜けると、そこはウソのような明るい青空が広がっていました。<br>前月末、新潟県に出張した際の一駒です。上越国境の高い山並みの上には、真っ青な空に白い雲が浮かび眩しい陽光が降り注いでいました。

ペットといっしょに考えようコラム【異変と動物】写真
テレビの週間天気予報は、毎日が曇天とカサのマークばかりが続き、とうとう梅雨明け宣言の出ないままに8月を迎えそうです。

夏の盛り、小さな庭一面に雑草が生い茂り、休日を待ち兼ねて素手で駆除の戦いをいどむのが常となっています。強い陽射しの中、腰をかがめての作業は決して楽ではありませんが、指先に全神経を集中していると、いつしか一心不乱となり夢中で格闘しています。うまく根っこから引き抜けた時は満足感に酔い、途中でちぎれた時はすかさずスコップを使ってリベンジをしながら、やがてビニール袋一杯に収穫(?)を積めて終了します。

ペットといっしょに考えようコラム【アンバランス】写真
さわやかな早朝、高く澄み切った西の空には、白色を帯びた満月が淡く入り残っています。ようやく秋の訪れを肌で感じ始めました。

ペットといっしょに考えようコラム【アメニティ】写真
それがアイツ(11才・33Kg)にとって、権利なのか義務なのかは定かではないのですが、いつも喜び勇んでシッポを振りながら早朝の散歩に出掛け、終えるとケネルにこもって安穏にまどろんでいる姿を垣間見ると、果たしてアイツは自分の環境に満足(?)してくれているのか、聞いてみたくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【換毛期】写真
雌雄は定かではありませんが、2羽のセグロセキレイがしきりと飛来してきます。<br> 隣りの茶畑から庭の梅の木へ飛び移り、あたりの様子をうかがってから、やおらアイツ<br>(9才・37Kg)の小屋の周りに降り立ちます。<br>しばらく観察していると、何と彼等の目的はアイツの抜け毛を収集していることが判明いたしました。多分、営巣の素材として暖かい純毛を利用しているのでしょう。グッドアイディアに感心いたしました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(91件中)