ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【練習はウソをつかない】写真
この夏は、記録的な灼熱地獄でしたが、スポーツでも熱かった。<br><br>高校野球は、真紅の大優勝旗が史上初めて津軽海峡を渡り、オリンピックはメダルラッシュに湧きました。そして、真夏の感動が去ると一転して暑さも峠を越えたかのように涼しくなり、どうやらアイツ(7才・37Kg)も少しずつ息を吹き返してきました。

ペットといっしょに考えようコラム【他人の目】写真
サクランボ、ナシ、コメ等の農作物盗難事件が全国各地で頻発し、報じられています。既に、当該犯罪件数は例年よりも50%も増えている由。<br>生産農家の皆さんが、春から丹精を込めて育て上げ、ようやく収穫にこぎつけたものを盗むとは、とんでもない話です。

ペットといっしょに考えようコラム【狼爪(おおかみつめ)】写真
木の葉が散り急ぎ、雑木林から見上げる星空が大きく広がってきました。<br><br>傍では、枯れ葉に横たわったアイツ(5才・36Kg)が一心不乱に自分の右前足をなめ続けています。自然治癒に頼る動物のやり方なのでしょうが、かなり痛むようです。

明るい陽ざしが春の訪れが近いことを告げています。<br>しかし世相に顔を向けると…。政治、経済そして人と動物との関わり、世相の反映とはいえ情けない限りです。本格的な春の到来が心から待たれます。

ペットといっしょに考えようコラム【春遠からじ】写真
ひときわ寒さが肌を刺します。<br> 出勤時、郊外の最寄り駅前にある電光掲示板は、−3度を示していました。

例年のことですが、年度末を迎えると地方への出張が頻繁となります。<br>家人からは、「いろいろな所に行けていいわね」と言われますが、どうやら旅行と勘違いしているようで、いささか心外です。

ペットといっしょに考えようコラム【虚と実】写真
爽やかな薫風に誘われて、休日の散歩コースはアイツ(7才・37kg)と里山の雑木林を巡っています。お目当ては「タラノキ」の芽であり、楽しみは晩酌の肴とするテンプラです。

ペットといっしょに考えようコラム【夏バテ】写真
東日本を中心に冷夏にみまわれ、各地でホコロビが出始めてきました。クーラーが大量に売れ残り、おコメの作柄は10年ぶりに不良の由。

ひところ、「○○にやさしい」というコピーがマスメディアに氾濫していた。曰く○○は地球であり、環境であり、そして動物である。ストレスにさいなまれ、ギスギスして世の中における拠として誰しもが「やさしさ」を求めており、耳に心地よく素直に受け止められるからであろう。

冷たい北からの風が、いつしか東よりへと向きを変えてくると、雑木林がかすかに笑い始め、野には春色が満ちてきます。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)