ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹をツツクではなくタタク?対馬にいたキタタキ。】
全長46センチメートルの大型なキツツキの仲間、キタタキ。かつては日本でも、長崎県の対馬に生息していた鳥類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シャチをめぐる野生動物保護の難しさ。】
大海原を行く大型のハクジラの仲間、シャチ。かつては日本の近海でもみられたといわれている鯨類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【月の砂漠を旅するラクダ。「砂漠の船」と呼ばれる体は、過酷な環境によく適応している】
猛烈な砂漠という環境を行くキャラバン隊といえば、トレードマークといってもいいのがラクダの存在である。コブがひとつのヒトコブラクダ、二つあるフタコブラクダが知られているが、少しの水と食べ物だけで重い荷物を背負って、1日100㎞もの移動が可能だ。その秘密は背中のコブ。昔は水がつまっているとかいわれてきたが、現在では脂肪がつまっていることは広く知られるようになった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちょっと変わった、クマノミの習性。】
カクレクマノミという名前の魚をご存知でしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【毛の生えるカエル】
写真はアフリカのカメルーン周辺に生息する「ケガエル」というカエルです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「カチガラス」って、なに?】
日本では北九州一帯に分布している留鳥、カササギ。カラスの仲間だが体は黒と白のツートンカラーで、すらっと伸びた尾羽がスマートな印象を与える鳥である。佐賀県では天然記念物に指定されており、さらに県の鳥にもなっている。大きな木のなくなった今日では繁殖にももっぱら電柱が利用され、それによりしばしば停電騒ぎも招いたようだ。現在では彼らとの共存を目指して対策が講じられ、事なきを得ているようだ。カササギの暮らす地元では、彼らのことをカチガラスとも呼んでおり、それは鳴き声にちなんでのもののようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【マンモスは巨大なモグラ?】
マンモスといえば、とかく大きさを表現するために使われるフシのある単語でもある。実際のところ彼らが地球上で暮らしていたのは、更新性時代の後期にあたる氷河期の話。ふさふさした長い被毛に全身を覆われ、大きく弧を描くように曲がった巨大な牙が特徴的な、ゾウの祖先に当たる動物である。そして今日でも保存状態のよい彼らの亡骸が、凍土の中から発見されている。おりしも愛知万博の開催とともに、最新の調査内容が展示されているという。ところでこのマンモス、その素性を知らない当時の現地の人たちの間では巨大なモグラと考えられていたようだ。みつかるのが地中からで、発見されるものがすべて死んでいたことに起因しているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きなクチバシが特徴のオニオオハシ。】
生物にみられる体の特徴は、たいてい何らかの役割をもっているものだ。ゾウの長い鼻やキリンの長い首など、それぞれその役割に関してあれこれと解釈もなされている。さて中南米に生息するオオハシの仲間たち。何よりそのクチバシの大きさが目をひく鳥類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ラクダの豆知識】
ラクダのこぶの中には何が入っているのでしょう?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タツノオトシゴ】
馬のような顔に、奇抜な模様の曲がりくねった細長い体。尾をサンゴなどにからめてじっとしているタツノオトシゴ。まるで小さな竜のような見た目ですが、これでも魚の一種なのです。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)