ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【時をこえて語りかける、化石】
子供たちにとっても大人気の、恐竜という存在。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【歯で歩く動物??。】
クジラ類のように生まれてから死ぬまで洋上で暮らすのではなく、海中で餌を捕り暮らし、陸上で子育てするという習性をもった鰭脚類の仲間のひとつがセイウチである。彼らは、北極海という冷たい水に被われた流氷域に生息している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【生きた化石、シーラカンス。】
“生きた化石”とも呼ばれるシーラカンス。 シーラカンスは、4億年前のデボン紀とよばれる時代に誕生しました。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「ユニコーン」のモデルにもなったという、インドサイ。】
サイといえば、およそ大きな動物であるが、インドサイはそのヒダのある鎧のような皮膚に被われており、その重戦車のような体つきからヨロイサイの別名があるといわれている。またアフリカに住むシロサイやクロサイが頭部に2本角があるのに対し、インドサイでは1本である。その角に薬効があるということから捕獲され、一時期その数を減らしたが、保護区の制定により、徐々にその数をふやしているようだ。そしてこの重戦車のような動物、伝説の獣でもある「ユニコーン」のモデルとなったことでも知られている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【スローモーがもち味の、スローロリス。】
アジアの熱帯雨林に暮らすスローロリスのもち味は、文字通りのゆったりとした動作です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【寝るときでも、能力を発揮】
優れたバランス感覚を持つ鳥は、以外な場所でもその能力を発揮させています。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【住宅街の緑地帯にグリーンイグアナが出現。】
最近ペットとして飼育されていた生物が色々なところで発見され、ニュースになることがしばしばある。以前にワニの捕獲の話題にもふれた。今度は住宅街の緑地帯に、グリーンイグアナである。本来動物園などで目にする生物が、普通にいる様子に、おそらくその発見者もびっくりしたに違いない。問題はこうしたペットを飼う側の、モラルの問題である。飼育をはじめた生物は、必ず最後まで面倒をみる。この最小限果たさなければならない義務も、おろそかになっている部分があるようだ。ペットは飼い主を選べない。これはイヌネコに限ったことではないのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【長いお鼻(?)がゾウのよう、エレファントノーズ】
黒っぽい体によく目立つ斑紋、そして何よりの特徴がなが〜く伸びた鼻。写真の魚はエレファントノーズ・フィッシュと呼ばれる観賞魚です。淡水魚の中でも、かなりユニークな姿をした体ではないでしょうか

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アカヒゲとコマドリが抱えた、ちょっと複雑な事情。】
アカヒゲという種類の小鳥をご存知だろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本にもいる毒蛇コブラの仲間。】
クレオパトラが自らを噛ませて命を絶ったことでも有名で、毒蛇の代名詞ともなっているコブラ。外国のヘビというイメージがつよいコブラだが、実は日本にもこの仲間は存在する。その名もヒャン。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)