ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シャチをめぐる野生動物保護の難しさ。】
大海原を行く大型のハクジラの仲間、シャチ。かつては日本の近海でもみられたといわれている鯨類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きな角をもつビッグホーン。】
まさに名が体を現すような動物、ビッグホーン。またの名をオオツノヒツジといい、その名のとおり大きな角をもった野生の羊の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【天狗のような鼻をもつテングザル。】
テングザルはボルネオ島に生息する、オナガザルの仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巨大魚、ピラルクー。】
南米大陸の大河、アマゾン川に生息するピラルクーは、成長すると全長3メートルを超える、世界最大級の淡水魚です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【熱センサーに反応しない温血動物?!】
白クマといえば、テレビCMにも頻繁に登場するお馴染みの動物ですね。白クマは、北極やツンドラ地帯といった、とても寒い地域に生息している哺乳類です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ライオン狩りの猛犬?ローデシアン・リッジバック】
ローデシアン・リッジバックという犬は、かつてアフリカのローデシア地方(現在のザンビア、ジンバブエ)で百獣の王ライオンのハンティングに用いられていたという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【隆起した山脈により誕生した淡水エイ。】
地球の営みは、時として生物にかなりの試練を与える。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【現世を生きる古代魚の不思議。】
古代魚の中でも、ひときわ異彩なグループが肺魚<ハイギョ>と呼ばれる仲間たちである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚を鷲づかみにするミサゴ。】
ミサゴは水辺に暮らすワシタカの仲間である。トビと同じぐらいの大きさだが、翼を広げると160センチあるため、かなり大きい印象を受ける。背部は暗褐色で腹面から頭部が白く、眼を横切る黒いラインが精悍な印象を与える猛禽類だ。彼らも他のワシタカ類同様の狩りを行う。ターゲットは水中の魚だ。上空を旋回しながら獲物を探し、ターゲットを捕捉すると急降下してみるみる接近する。そして脚から水中につっこみ、鋭い爪で魚をがっしりと捕まえる。文字通り鷲づかみにするのだ。その勇猛な狩りの光景は、猛禽類特有のもの。鷲づかみという表現は、まさにそのものズバリである。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)