ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【手乗りのブタさん??】
写真の動物は、なんだかとっても小さなブタさんみたいですね。でもこれ、本当はモルモットなんです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【西表島のシンボル、イリオモテヤマネコ。】
八重山諸島西表島だけに生息するイリオモテヤマネコ。面積280平方kmというエリアにだけ分布域が限られるネコ類は、世界でもまれといわれている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【森の忍者カメレオン】
樹の上で暮らすトカゲの仲間カメレオンは、体の色をめまぐるしく変化させる名人でもある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「カチガラス」って、なに?】
日本では北九州一帯に分布している留鳥、カササギ。カラスの仲間だが体は黒と白のツートンカラーで、すらっと伸びた尾羽がスマートな印象を与える鳥である。佐賀県では天然記念物に指定されており、さらに県の鳥にもなっている。大きな木のなくなった今日では繁殖にももっぱら電柱が利用され、それによりしばしば停電騒ぎも招いたようだ。現在では彼らとの共存を目指して対策が講じられ、事なきを得ているようだ。カササギの暮らす地元では、彼らのことをカチガラスとも呼んでおり、それは鳴き声にちなんでのもののようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペットについて、考えよう。】
ちょこちょこと歩く、コミカルな姿が可愛いミドリガメ。ふとペットにしたくなってしまう彼らだが、もし入手するなら、あらかじめ予備知識をもってから臨んでもらいたいというお話。5センチ程度のサイズで売られている小亀だが、親亀になると20センチを超える。その姿を想像していただきたい。彼らの故郷は、もともと日本ではない。それゆえ、おいそれと水辺に放すことはできないのだ。また取り扱いには慎重に。触った後などは、石鹸で手を洗うなどのケアーが大切である。彼らに限らずペットたちとは、きちんとした知識をもってつき合いたいものである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しい甲羅をもつウミガメ、タイマイ】
海で暮らす数少ない爬虫類、ウミガメ。世界の海にはウミガメの仲間が、オサガメ科1種、ウミガメ科7種の計8種類が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【金魚が我が家にやってきた!】
この季節は見た目の涼しさに惹かれて、金魚を飼い始める人も多いのではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【玉虫色のクワガタ】
写真の昆虫は、パプアキンイロクワガタという名前の小型のクワガタで、その美しい体色で注目されています。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【鱗で武装した哺乳類、センザンコウ】
鉄壁の備えともいえる亀甲に守られた体で移動する姿は、大昔の地球を闊歩していた生物をも連想させる。その生き物はセンザンコウ。もちろん恐竜の生き残りというわけではなく、れっきとした哺乳類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【頭を下にして暮らす熱帯魚】
熱帯魚の中には天邪鬼な魚も多い。今回紹介するキロダスという魚もそのひとつ。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)