ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ブタアシバンディクートにまつわるエピソード。】
尻尾があるかないかは、生物にとって大きな特徴でもあるといっていい。同じネズミの仲間でもマウスにはしっかりとした尾があるが、ハムスターでは小さくそれほど目立たない。すでに絶滅したと考えられている有袋類、ブタアシバンディクート。その発見にあたり、この尻尾のあるなしで、ひともんちゃくあったようだ。最初にみつかった動物には尾がなく、ついでよく似た動物として尾のあるものがみつかり、別の名前で紹介された。さて尾がない種類が珍しいということになり、懸命な捜索が始まった。実は最初にみつかったものが闘争など何らかの理由で、尾を失ったというのがことの真相だったようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【矢毒蛙は、熱帯雨林が育んだアート。】
赤、青、黄色。極彩色の色彩に身を包んだカエルが、中南米の熱帯雨林の中でたくましく暮らしている。その魅力的な体色のためか、ペットとしても定着しており、コレクションする愛好家も多い種類といえる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ブッシュベビーの別名をもつ、ショウガラゴ。】
ショウガラゴという小さな動物がいる。スローロリスなどに類似した猿の仲間で、木などにちょこんととまった姿はとてもかわいらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ゲラダヒヒと仲良くなるには?】
アフリカのエチオピアに住むゲラダヒヒは、マントヒヒほど有名ではないが、やはり巨大な頭部を持ったヒヒの仲間。さてあなたがアフリカ旅行中にゲラダヒヒが鋭い犬歯を剥き出しにして接近してきたならばどうする?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【有明海のスーパースター、ムツゴロウ。】
潮が引いたとき一面に現れる泥の浜、干潟。日本でも最大の面積を誇っているのが九州の4県にまたがる有明海である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【水辺で暮らすモグラ、ロシアデスマン。】
「モグラ・イコール・土の中」という連想は、おそらく誰もが抱くだろう。しかし今回紹介するモグラの仲間ロシアデスマンは、川の周辺で暮らしているようだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【勇猛果敢な群れで暮らすドール。】
東南アジアをはじめ、アムール地方などかなり広範囲に渡って分布する、イヌ科の動物ドール。数頭から15頭前後の群れをつくり、グループで狩りをしながら暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ジャイアントパンダ】
白と黒の愛くるしい姿から、人々を魅了するジャイアントパンダ。現在では中国のごく一部にしか生息しておらず、絶滅が心配されている動物のひとつです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【珍味キャビアが影響した、チョウザメたちの運命。】
世界の三大珍味といえば、フォアグラ、トリュフそしてキャビアである。フォアグラは鴨の肝臓、トリュフはキノコ、そしてキャビアはチョウザメの卵を塩漬けにしたものだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)