ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かつては日本にも訪れていたという珍鳥、カンムリツクシガモ。】
毎年冬になるとやってくるオナガガモやホシハジロ、キンクロハジロといったカモの仲間たち。上野の不忍池などに集まる様子をみていると、その数はかなりの数に登るように感じられる。しかしカモたちの仲間の中にもその数が減少しており、絶滅が危ぶまれている種類が存在する。オシドリやコウライアイサ、カンムリツクシガモなどがそれにあたる。中でもカンムリツクシガモはすでに絶滅したとも考えられている。正式には標本が3体知られるだけで、その存在がはじめて確認された頃はこの仲間のハイブリッド(雑種)として扱われていたといういわくつきの鳥なのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【狂犬病は過去のもの?】
狂犬病は、狂犬病ウィルスを病原体とする人畜共通の感染症(人にも動物にも感染する病気)で、人が発症すると100%死に至ります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本でイグアナが繁殖?】
ここのところたて続けに爬虫類が捕獲されて話題になった。といっても本来日本には住んでいないはずの生物である。その正体はといえばニシキヘビの仲間とイグアナだ。場所はそれぞれに違うが、いずれにせよペットとしてもち込まれたものが逃げ出すなどして、発見されたものといっていい。こうした動物に関しても、種類によっては日本の自然になじんで帰化する可能性も十分にある。このニシキヘビやイグアナに限らず、ペットとして生物の飼育を始めた以上は最後までしっかりと面倒をみる。至極当然なことではあるが、飼い主にとって最低限守らなければならないルールなのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【マンモスは巨大なモグラ?】
マンモスといえば、とかく大きさを表現するために使われるフシのある単語でもある。実際のところ彼らが地球上で暮らしていたのは、更新性時代の後期にあたる氷河期の話。ふさふさした長い被毛に全身を覆われ、大きく弧を描くように曲がった巨大な牙が特徴的な、ゾウの祖先に当たる動物である。そして今日でも保存状態のよい彼らの亡骸が、凍土の中から発見されている。おりしも愛知万博の開催とともに、最新の調査内容が展示されているという。ところでこのマンモス、その素性を知らない当時の現地の人たちの間では巨大なモグラと考えられていたようだ。みつかるのが地中からで、発見されるものがすべて死んでいたことに起因しているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【熱センサーに反応しない温血動物?!】
白クマといえば、テレビCMにも頻繁に登場するお馴染みの動物ですね。白クマは、北極やツンドラ地帯といった、とても寒い地域に生息している哺乳類です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巣を下向きに作る鳥、ハタオリドリ。】
ハタオリドリはその名前にあるように、機(ハタ)を織るように立派な巣をつくる、巣作りの得意な鳥です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【甲羅はカメのトレードマーク。】
ドーム型に膨らんだ甲羅がトレードマークのカメの仲間たち。この甲羅、何からできているのか、ご存知ですか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【中央アジアの高地に暮らすユキヒョウ】
ユキヒョウは、チベットやヒマラヤなど中央アジアの山岳地帯に生息する、珍しいネコ科の動物である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅してしまった毛深いサイの仲間。】
サイといえば鎧のような皮膚の動物を思い描くが、過去には体じゅう毛に覆われたサイが存在していた。その名もケブカサイ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【縞模様のノコギリクワガタ。】
日本人にとってクワガタという昆虫といえば、たいてい黒一色の甲虫を想像させる。しかし、世界中にはいろいろな色彩をしたクワガタが存在するものである。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)