ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹上で暮らす、風変わりなカンガルーの仲間。】
発達した後肢に短い前肢。長く伸びた尾っぽを使ってしっかりと直立するようにたたずむカンガルーは、コアラと並んでオーストラリアで代表的な動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【頭上に「とっくり」をもつクジラ?】
シロナガスクジラやマッコウクジラといった鯨類は、我々にとっても馴染み深いクジラたちである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【うさぎのキモチ】
尻尾がキモチを代弁してくれる犬や、鳴き声で機嫌のわかる猫と違い、ウサギはそのキモチがわかりずらいですよね。でも、ちゃんと飼い主さんにキモチを伝えていることだってあるんですよ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【標本がひとつ残されたミステリアスな鳥。】
ミヤコショウビンという名前の鳥がいる。発見されたのが宮古島だったことからミヤコショウビンと名づけられたこの鳥は、標本がただ一羽残されている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【野鳥の子育て】
写真はシジュウガラのヒナたちですが、シジュウガラはこのシーズンに平均2回産卵してヒナたちを巣立ちさせます。中には3回も産卵・子育てをする働き者の親鳥もいます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【クジャクのオスってけっこうたいへん?】
インド、スリランカに分布するインドクジャク、そして中国南部からマレーシア、インドネシアに分布するマクジャク。いずれもオスの色が極めて美しい、キジ科の鳥である。図鑑などではその美しい飾り羽を一杯に広げた姿が掲載されているが、もちろん普段からいつもその状態にあるわけではない。メスへの求愛の時にそうした一連の行動をとるようである。つまり自分の姿をうより美しく見せて、自分の遺伝子をより多く後世につなげるためのポーズなのである。とはいえパートナーを選べるのはメスの方。ディスプレイの甲斐なくふられてしまうオスもいる。優雅な姿ではあるものの、けっこうたいへんのようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【子供の姿のまま大人になるアホロートル。】
両生類と呼ばれるカエルやイモリの仲間は、幼体時を水中で過ごし、成長すると陸上で生活するようになります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タガメの母は強し】
わが国最大の水生昆虫タガメ。大きなものでは体長6cmを越えるほどであり、その強力な前足で自分より大きなトノサマガエルですら捕らえ、体液を吸うという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオアリクイのテーブルマナー】
その名の通り、自然下でアリ(シロアリ)たちを専食しているのがオオアリクイだ。そのため、そのアリがいなくなることがないよう、しっかりとしたルールを身につけている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した鳥、モア。】
地球上に出現した最大の鳥と考えられているのが、今では絶滅してしまったモアという鳥である。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)