ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アマミノクロウサギ】
奄美大島と徳之島にだけ棲むアマミノクロウサギ。1921年3月に国の天然記念物に指定され、さらに1963年には特別天然記念物へと指定されました。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【1トン近くにもなるカメ、オサガメ。】
爬虫類の中でも特に大きいとされるウミガメの1種、オサガメ。ガラパゴスに棲む大きなリクガメ、ガラパゴスゾウガメの体重が200キロなのに対し、海洋に暮らすオサガメは900キロ以上の個体もいるという記録がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさゆえに絶滅したブルーバック。】
南アフリカには、人々の入植によって滅びてしまった動物たちも少なくない。レイヨウの一種、ブルーバックもそのひとつである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【多彩な表情をもつスナメリ。】
クジラの仲間の中でももっとも小型の部類になるスナメリ。水族館などで、首をかしげ興味深そうに人間達を観察する彼らの姿を見たことがある人も多いのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ミルクを飲むヘビ?!】
ミルクヘビと呼ばれるヘビの仲間がいる。ミルクのように白いわけでも、ミルクのような白い液体を出すわけでもないのに、なぜか、ミルクヘビと呼ばれている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【いまをさかのぼること室町時代に渡来した、金魚。】
シャケやタイ、マグロなど食べる魚は別にして、魚の中でも身近なもののひとつが金魚ではないだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【水辺で暮らすモグラ、ロシアデスマン。】
「モグラ・イコール・土の中」という連想は、おそらく誰もが抱くだろう。しかし今回紹介するモグラの仲間ロシアデスマンは、川の周辺で暮らしているようだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【200万年前の地球上に存在した、巨大なアルマジロ?】
かつて地球には実に多様な生物たちが存在していた。サーベルタイガーやマンモス、ケブカサイといった動物に関しては、かつてここでもとりあげている。今回は、体長3mにも達したという巨大なアルマジロの近縁種。グリプトドンと呼ばれる動物で、甲羅は骨質状の板が互いに結びつき、半球形のドームのような構造になっていたという。このしっかりとした甲羅に守られ、巨大な体をもつ彼らは、一時期かなり繁栄したといわれている。やがて彼らは地球上からその姿を消すが、どうやらそこには人間の影響もあったようだ。古代人が道具として使ったと思われる彼らの体の一部が、化石として発見されているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【寝るときでも、能力を発揮】
優れたバランス感覚を持つ鳥は、以外な場所でもその能力を発揮させています。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)