ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【隆起した山脈により誕生した淡水エイ。】
地球の営みは、時として生物にかなりの試練を与える。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【金魚が我が家にやってきた!】
この季節は見た目の涼しさに惹かれて、金魚を飼い始める人も多いのではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カンムリシロムク。守るのも、絶やすのも人間。】
まっ白な体に、くっきりと入ったブルーのアイライン。ムクドリの仲間特有のスマートなフォルムをもった鳥がカンムリシロムクだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シマウマの種類】
白と黒の大胆な縞模様をまとっているシマウマ。あまりにもわかりやすい外見だからか、「シマウマ」という種類が1種いるように感じるかもしれないが、縞模様や体の大きさなどにより、数種が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【サメは、泳ぎ続けなければ死んでしまう?】
「サメは、泳ぎ続けなければ死んでしまう。」よく耳にすることばですが、本当なのでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ホットケーキのようなリクガメ?】
カメといえば、種類の多い爬虫類のなかでもなじみの深い動物だといっていいだろう。そのカメたちにしてみても、多くの種類が存在する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【狂犬病は過去のもの?】
狂犬病は、狂犬病ウィルスを病原体とする人畜共通の感染症(人にも動物にも感染する病気)で、人が発症すると100%死に至ります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大河に暮らすイルカ。】
南米大陸を流れる大河アマゾン。川というには、あまりに大きな存在といえるだろう。見渡す限りの水の広がりは、まさに海をも彷彿とさせる。そんなアマゾン川に生息しているのが、コビトイルカの仲間たちである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本でイグアナが繁殖?】
ここのところたて続けに爬虫類が捕獲されて話題になった。といっても本来日本には住んでいないはずの生物である。その正体はといえばニシキヘビの仲間とイグアナだ。場所はそれぞれに違うが、いずれにせよペットとしてもち込まれたものが逃げ出すなどして、発見されたものといっていい。こうした動物に関しても、種類によっては日本の自然になじんで帰化する可能性も十分にある。このニシキヘビやイグアナに限らず、ペットとして生物の飼育を始めた以上は最後までしっかりと面倒をみる。至極当然なことではあるが、飼い主にとって最低限守らなければならないルールなのではないだろうか。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)