ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【つの? いいえ、歯です。】
北極海で暮らしているクジラの仲間イッカク。海中で暮らしているクジラ類の中でも、その姿は独特といっていいだろう

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エゾシカの数の管理が、オオワシに与える影響。】
冬、北海道東部へとやってくるオオワシ。わが国で最大ともいってもいい、勇壮さを誇るワシタカ類である。以前彼らの餌の主流は、訪れた地域で盛んになるタラ漁のおこぼれだった。それがいつしか頭数を管理するための狩猟による、エゾシカへと変わったようである。そこで問題が生じた。猟に使われる散弾銃に含まれる、鉛の存在である。シカを食べることで体内に入る鉛で、中毒死してしまうのである。片や生息数の調整が必要なエゾシカ、そしてそれに伴う天然記念物であるオオワシの中毒死。彼らの保護にも、一貫した自然保護の精神の定着が必要といえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カエルがカプセルに...?】
まずは写真を見てください。カエル入りカプセルの登場?いえいえ、これはカエルがカプセルに入ってるわけではないのです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【動かない人気者】
頭が禿げ上がったハゲタカに、クチバシに袋をもつペリカンなど、鳥たちの姿には時々ドキッとさせられることがある。この鳥もそのひとつだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【有袋類の頂点に君臨していたフクロオオカミ】
有袋類というと、コアラやカンガルーといったおとなしめの動物を想像するのではなかろうか? だが、80年ほど前までは比較的大型で肉食の有袋類がいた。フクロオオカミだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅の危機を脱したイロマジリボウシインコ。】
今日生息環境などの変化によって、多くの野生動物たちが、絶滅の危機にさらされている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【自由に深海へと行き来するマッコウクジラ】
哺乳類きってのダイバーといえるマッコウクジラ。その潜水震度は2000m以上とさえいわれている。世界中の海に生息しており、若いオスたちからなる群れ、メスと子供たちからなる群れの二つで行動している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオコウモリのおおきな目】
コウモリというと、超音波を駆使したエコーロケーションにより、昆虫などの獲物を捕らえる習性がよく知られている。だが、それは洞窟などに棲む小型の種類(小翼手類)の特徴だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【重さ50キログラムの角をもったシカ、メガロケロス。】
シカといえば、立派な角を持ったオスのシカの姿を想像するのではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【住宅街の緑地帯にグリーンイグアナが出現。】
最近ペットとして飼育されていた生物が色々なところで発見され、ニュースになることがしばしばある。以前にワニの捕獲の話題にもふれた。今度は住宅街の緑地帯に、グリーンイグアナである。本来動物園などで目にする生物が、普通にいる様子に、おそらくその発見者もびっくりしたに違いない。問題はこうしたペットを飼う側の、モラルの問題である。飼育をはじめた生物は、必ず最後まで面倒をみる。この最小限果たさなければならない義務も、おろそかになっている部分があるようだ。ペットは飼い主を選べない。これはイヌネコに限ったことではないのである。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)