ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本にもいる毒蛇コブラの仲間。】
クレオパトラが自らを噛ませて命を絶ったことでも有名で、毒蛇の代名詞ともなっているコブラ。外国のヘビというイメージがつよいコブラだが、実は日本にもこの仲間は存在する。その名もヒャン。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【マンモスは巨大なモグラ?】
マンモスといえば、とかく大きさを表現するために使われるフシのある単語でもある。実際のところ彼らが地球上で暮らしていたのは、更新性時代の後期にあたる氷河期の話。ふさふさした長い被毛に全身を覆われ、大きく弧を描くように曲がった巨大な牙が特徴的な、ゾウの祖先に当たる動物である。そして今日でも保存状態のよい彼らの亡骸が、凍土の中から発見されている。おりしも愛知万博の開催とともに、最新の調査内容が展示されているという。ところでこのマンモス、その素性を知らない当時の現地の人たちの間では巨大なモグラと考えられていたようだ。みつかるのが地中からで、発見されるものがすべて死んでいたことに起因しているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【1トン近くにもなるカメ、オサガメ。】
爬虫類の中でも特に大きいとされるウミガメの1種、オサガメ。ガラパゴスに棲む大きなリクガメ、ガラパゴスゾウガメの体重が200キロなのに対し、海洋に暮らすオサガメは900キロ以上の個体もいるという記録がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かわいい??ツノガエル。】
ファンシーツノガエルというカエルがいる。ずんぐりむっくりとしたそのカエルの姿は、かわいい…といえなくもない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【歯で歩く動物??。】
クジラ類のように生まれてから死ぬまで洋上で暮らすのではなく、海中で餌を捕り暮らし、陸上で子育てするという習性をもった鰭脚類の仲間のひとつがセイウチである。彼らは、北極海という冷たい水に被われた流氷域に生息している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【地上で最も美しいといわれる鳥、ケツアール。】
中米に分布するキヌバネドリの仲間、ケツアール。グアテマラでは国鳥にも指定されている、非常に美しい鳥である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【きれいな振袖で着飾ったエビ】
エビといえば食用にするエビや、ザリガニなどの姿がすぐに思い浮かぶが、サンゴ礁の海には、一風変わったエビが暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ムササビは空行くげっ歯類。】
木から木へとグライディングしながら移動することで知られているのが、ムササビである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハクビシンが危ない?】
日本の各地に出没し、その存在が話題になっている動物がいる。鼻から両目の間を貫く白い模様が特徴的なハクビシンだ。カタカナで書くと珍獣のイメージだが、漢字で書くと「白鼻心」。その風貌を的確に現している。ジャコウネコの仲間で、アジアの諸地域に分布している。生息が確認されたのは昭和に入ってからのことのようで、その存在に関しては諸説があるが、人によって持ち込まれたものがという説が有力のようだ。ところが最近、彼らに対して迫害の目が向けられている。一連のSARS報道の影響だ。飼育している愛好家も、飼育を放棄するケースがあったらしい。人と暮らすペットの存在に関して、愛好家は今一度熟考が必要である。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)