ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人間とネコ。】
人間とネコとのかかわり合いが、どうやらさらに長いものである証拠が発見されたようだ。これまでは古代エジプト時代にその根拠が見出されていたが、今回の発見により、さらに5000年以上もさかのぼるものになるという。時代は新石器時代のキプロス島の遺跡で、埋葬された人の骨の傍らでネコの全身骨格がみつかったというものである。もともとこの島には、野生のネコ科の動物はいないという。つまりそれは人によりもち込まれた可能性があるというわけだ。人と猫とのかかわり合いは、この発見により9500年前までさかのぼるという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【小さな怪獣、サバクツノトカゲ。】
最近では、匂いが少なく鳴き声のないペットとして、爬虫類を飼育している人も多いという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【野鳥の子育て】
写真はシジュウガラのヒナたちですが、シジュウガラはこのシーズンに平均2回産卵してヒナたちを巣立ちさせます。中には3回も産卵・子育てをする働き者の親鳥もいます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペットは家で、野鳥は野外で。】
日本では、法律によって許可なくして野鳥たちを捕まえたり、飼育したりすることができない。まして自然が失われつつある今日、そうした行為自体、慎みたいものでもあるはずである。フィールドで観察してこそ、彼らのたくましさも見えてくるといえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅の危機を脱したイロマジリボウシインコ。】
今日生息環境などの変化によって、多くの野生動物たちが、絶滅の危機にさらされている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【200万年前の地球上に存在した、巨大なアルマジロ?】
かつて地球には実に多様な生物たちが存在していた。サーベルタイガーやマンモス、ケブカサイといった動物に関しては、かつてここでもとりあげている。今回は、体長3mにも達したという巨大なアルマジロの近縁種。グリプトドンと呼ばれる動物で、甲羅は骨質状の板が互いに結びつき、半球形のドームのような構造になっていたという。このしっかりとした甲羅に守られ、巨大な体をもつ彼らは、一時期かなり繁栄したといわれている。やがて彼らは地球上からその姿を消すが、どうやらそこには人間の影響もあったようだ。古代人が道具として使ったと思われる彼らの体の一部が、化石として発見されているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【どんどん小さく育つカエル。】
この世に生を受けたものは、人間に限らずおよそ成長しながら育っていくものだ。程度の違いこそあれ、成長を続ける限り体は大きくなっていくのが普通である。しかし、そうした概念が通用しない生物もいる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【棘のあるお父さんの、子育ての季節。】
背ビレや腹ビレの棘が目立つことから、トゲウオの名前があるハリヨ。ハリヨは一般に産みっぱなしの多い魚たちの中で、なかなかの子煩悩ぶりを発揮する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚の衣替え。】
夏休みも後半戦に突入!海へ山へと出かけて、自然を満喫している人もきっと多いだろう。そこで豆知識でもきれいな海の魚の話を。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アジの仲間、ルックダウン。】
日本人にとってなじみの深い魚のひとつでもあるアジ。生のままたたきにして食べるほか、塩焼きにしたり干物にしたりして、なにかと食卓にのぼることの多い海の魚だ。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)