ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ブッシュベビーの別名をもつ、ショウガラゴ。】
ショウガラゴという小さな動物がいる。スローロリスなどに類似した猿の仲間で、木などにちょこんととまった姿はとてもかわいらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペットは家で、野鳥は野外で。】
日本では、法律によって許可なくして野鳥たちを捕まえたり、飼育したりすることができない。まして自然が失われつつある今日、そうした行為自体、慎みたいものでもあるはずである。フィールドで観察してこそ、彼らのたくましさも見えてくるといえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【きれいな振袖で着飾ったエビ】
エビといえば食用にするエビや、ザリガニなどの姿がすぐに思い浮かぶが、サンゴ礁の海には、一風変わったエビが暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹をツツクではなくタタク?対馬にいたキタタキ。】
全長46センチメートルの大型なキツツキの仲間、キタタキ。かつては日本でも、長崎県の対馬に生息していた鳥類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【CM動物の元祖?!エリマキトカゲ】
現在、とあるCMの影響で白い日本犬が大人気だか、20年ほど前にも、CMから一世を風靡した動物がいた。エリマキトカゲだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【夢を食べる動物といわれるバクは、子どもから親へと体色が変わる。】
黒と白の大胆なツートーンの体色をもったマレーバク。ゾウほどではないが、少し伸びた鼻のある顔つきがユーモラスである。ずんぐりとした体つきは、一見したところブタの仲間のようにも見えないこともないが、サイやウマの仲間である奇蹄目に分類される。ちなみにブタは、ラクダやキリン、ウシ、シカといった多くの動物が含まれる偶蹄目の仲間たちだ。さてこのマレーバクだが、母親に産み落とされたのちに急速に成長することが、観察の結果明らかにされている。子どもでは赤褐色の体に白い斑点や縞模様があるが、6ヵ月もすると親と同じ黒と白の体色になり、体重も100㎏を越えるらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネコ科のハンター、カラカル。】
ペットのネコにしても、動作は俊敏で感覚がいい。野生のネコの仲間はどうだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【お化粧したみたい?!マンドリルの鮮やかな顔色】
特徴的な姿や顔の色から、様々なキャラクターのモデルにもなっているマンドリル。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウサギの名前がついたワラビーは、体もノウサギ色だった。】
かつてオーストラリア南東部に生息していたという、その名も“ウサギワラビー”。地上性の小型のワラビーで、かつては草原に普通に暮らしていた有袋類だったという。小型で耳が長く、ノウサギ色をしていたところからついた名前かも知れない。しかしやはりワラビーの仲間に属すため、尾は長く、カンガルーの体つきをしている。日中は草むらで眠って過ごし、夜になると出てきて草を食べていた。その様子はウサギに似ていたようである。そんな彼らだが、やはり人による生息地の開発と、外敵の侵入によって絶滅に追い込まれたようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「幻の鳥」ともいわれる、ヤイロチョウ。】
カワセミに似た姿をした、八つの色をもつ鳥がいる。その名もヤイロチョウ。警戒心が強くその姿を見せないことから、「幻の鳥」とも呼ばれている。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)