ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【狂犬病は過去のもの?】
狂犬病は、狂犬病ウィルスを病原体とする人畜共通の感染症(人にも動物にも感染する病気)で、人が発症すると100%死に至ります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【舞い上がれ、コウノトリ。】
国の特別天然記念物、コウノトリ。かつては日本の各地で見られ、東京でも繁殖していたという普通に見ることができた鳥だったようだ。それが人による狩猟や、環境の変化などによって、著しくその数を減らしてしまった。そして現在、地域を巻き込んだ保護活動が着実に展開されている。国内最後のコウノトリの生息地として知られる、兵庫県の豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」がそれだ。住民とコウノトリが共生できる環境を目指し、地域をつくるというものである。そして最近飼育下で成長したコウノトリが、自然の中へと放たれた。そこに居合わせた人たちからは、舞い上がっていくコウノトリが姿に、拍手がわきおこったという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【自由に深海へと行き来するマッコウクジラ】
哺乳類きってのダイバーといえるマッコウクジラ。その潜水震度は2000m以上とさえいわれている。世界中の海に生息しており、若いオスたちからなる群れ、メスと子供たちからなる群れの二つで行動している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大空を滑空するカエル?】
カエルが“飛ぶ”といっても、誰も驚かないだろう。カエルは跳ぶものだからだ。でも、“跳ぶ”のではなく文字通り空中を“飛ぶ”のだとしたら??

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【お母さんが、お父さんになっちゃう?!】
動物たちの中には、人間のように男性女性の区別がなく、環境や状況に応じて男性女性が決定されたり、変化する動物がいることを知っていますか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「ユニコーン」のモデルにもなったという、インドサイ。】
サイといえば、およそ大きな動物であるが、インドサイはそのヒダのある鎧のような皮膚に被われており、その重戦車のような体つきからヨロイサイの別名があるといわれている。またアフリカに住むシロサイやクロサイが頭部に2本角があるのに対し、インドサイでは1本である。その角に薬効があるということから捕獲され、一時期その数を減らしたが、保護区の制定により、徐々にその数をふやしているようだ。そしてこの重戦車のような動物、伝説の獣でもある「ユニコーン」のモデルとなったことでも知られている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ジャンボサイズのウシガエル】
今回は来年の干支、ウシにちなんで、ウシガエルのお話。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カブトムシとスイカ】
カブトムシとスイカ。夏を代表するような、2大アイテムだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ナマケグマはなまけ者か?】
生きることになまける動物っているのだろうか?なまけたらそれなりのしっぺ返しがありそうな気がする。しかしそうしたニュアンスの名前をもった動物は存在する。ナマケグマもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「マタマタ」という名前の亀。】
南米北部から中部にかけて分布しているカメの1種、マタマタ。奇妙な名前と共にそのユニークな姿は、おそらく1度見たら忘れることはないだろう。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)