ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【世界じゅうの両生類が危ない。】
世界自然保護連盟の研究チームの調査により、両生類全種類のうちで30パーセント以上の種類が絶滅の危機にさらされていることが明らかにされた。これは鳥類や哺乳類といったほかの生物を見渡してみても、特に深刻なレベルのようである。原因として病気や気候の変化がいわれているが、彼らが好適に暮らせる環境が保たれていれば、そうした状況にはなっていないはずだ。食物連鎖の一環をになう彼らの絶滅の危機は、さまざまな生物に影響を及ぼすことが十分に考えられる。今後われわれが彼らにとっていかに好適な環境を残してやれるかが、鍵になってくるはずだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【モグラは日光を浴びると死ぬの?】
地中にトンネルを掘り壮大な地底王国を作るモグラ。名前は確かに有名なのだが、実際にその姿を見たことがある人は少ないのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【歯で歩く動物??。】
クジラ類のように生まれてから死ぬまで洋上で暮らすのではなく、海中で餌を捕り暮らし、陸上で子育てするという習性をもった鰭脚類の仲間のひとつがセイウチである。彼らは、北極海という冷たい水に被われた流氷域に生息している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カエルがカプセルに...?】
まずは写真を見てください。カエル入りカプセルの登場?いえいえ、これはカエルがカプセルに入ってるわけではないのです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きなクチバシが特徴のオニオオハシ。】
生物にみられる体の特徴は、たいてい何らかの役割をもっているものだ。ゾウの長い鼻やキリンの長い首など、それぞれその役割に関してあれこれと解釈もなされている。さて中南米に生息するオオハシの仲間たち。何よりそのクチバシの大きさが目をひく鳥類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「ユニコーン」のモデルにもなったという、インドサイ。】
サイといえば、およそ大きな動物であるが、インドサイはそのヒダのある鎧のような皮膚に被われており、その重戦車のような体つきからヨロイサイの別名があるといわれている。またアフリカに住むシロサイやクロサイが頭部に2本角があるのに対し、インドサイでは1本である。その角に薬効があるということから捕獲され、一時期その数を減らしたが、保護区の制定により、徐々にその数をふやしているようだ。そしてこの重戦車のような動物、伝説の獣でもある「ユニコーン」のモデルとなったことでも知られている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【現生する最大の両生類のひとつ、オオサンショウウオ】
オオサンショウウオは、現在では国の特別天然記念物として保護されている、大型の両生類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネズミの侵入によって絶滅した鳥。】
絶海の孤島レイサン島。外敵の存在がないがために飛ぶことをやめてしまったクイナという鳥にとって、安住の地だった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【足の短い猫】
短足の犬種が存在するのと同じように、足の短い猫も存在します。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シシバナヘビの得意技。】
動物は、敵に襲われ逃げられないと判断したときに、思わぬ得意技で対抗することがあります。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)