ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【民家の庭でワニが御用?】
ワニといえば今日ではその商取引が規制されて久しい動物である。多くの種類がサイテス(ワシントン条約)によりその商取引が制限され、厳重に保護されている生き物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペットについて、考えよう。】
ちょこちょこと歩く、コミカルな姿が可愛いミドリガメ。ふとペットにしたくなってしまう彼らだが、もし入手するなら、あらかじめ予備知識をもってから臨んでもらいたいというお話。5センチ程度のサイズで売られている小亀だが、親亀になると20センチを超える。その姿を想像していただきたい。彼らの故郷は、もともと日本ではない。それゆえ、おいそれと水辺に放すことはできないのだ。また取り扱いには慎重に。触った後などは、石鹸で手を洗うなどのケアーが大切である。彼らに限らずペットたちとは、きちんとした知識をもってつき合いたいものである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【1トン近くにもなるカメ、オサガメ。】
爬虫類の中でも特に大きいとされるウミガメの1種、オサガメ。ガラパゴスに棲む大きなリクガメ、ガラパゴスゾウガメの体重が200キロなのに対し、海洋に暮らすオサガメは900キロ以上の個体もいるという記録がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒトと犬の歴史。】
人間に従順なパートナーの犬。動物の種類多しといえども、ヒトの暮らしにこれだけ密接して存在する動物はいないだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【CM動物の元祖?!エリマキトカゲ】
現在、とあるCMの影響で白い日本犬が大人気だか、20年ほど前にも、CMから一世を風靡した動物がいた。エリマキトカゲだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【これもモルモットの改良のひとつ】
写真はスキニーギニアピッグというモルモットの1品種なのだが、なぜこのような改良を加えたのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【北海道に棲んでるけどトウキョウトガリネズミ?!】
体長5センチメートル、体重は2グラムほど。最小の哺乳類のひとつともいわれるのが、トウキョウトガリネズミである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【現世を生きる古代魚の不思議。】
古代魚の中でも、ひときわ異彩なグループが肺魚<ハイギョ>と呼ばれる仲間たちである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【有袋類の頂点に君臨していたフクロオオカミ】
有袋類というと、コアラやカンガルーといったおとなしめの動物を想像するのではなかろうか? だが、80年ほど前までは比較的大型で肉食の有袋類がいた。フクロオオカミだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【小さな怪獣、サバクツノトカゲ。】
最近では、匂いが少なく鳴き声のないペットとして、爬虫類を飼育している人も多いという。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)