ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【イルカが眠るとき】
一生を海や川などの水の中で過ごすイルカは、いつ、どうやって寝ているのでしょうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【もともと“ペンギン”という名前だったオオウミガラス。】
すでに地球上からは絶滅してしまった鳥、オオウミガラス。かつて北半球の大西洋に生息していた、いわゆる飛べない鳥の仲間である。全長80cm、体重5㎏に達したという大型の海鳥だが、空を飛ぶための翼は退化し、その翼を使って水中を飛ぶように泳いでいた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【サメは、泳ぎ続けなければ死んでしまう?】
「サメは、泳ぎ続けなければ死んでしまう。」よく耳にすることばですが、本当なのでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きなクチバシが特徴のオニオオハシ。】
生物にみられる体の特徴は、たいてい何らかの役割をもっているものだ。ゾウの長い鼻やキリンの長い首など、それぞれその役割に関してあれこれと解釈もなされている。さて中南米に生息するオオハシの仲間たち。何よりそのクチバシの大きさが目をひく鳥類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウサギの名前がついたワラビーは、体もノウサギ色だった。】
かつてオーストラリア南東部に生息していたという、その名も“ウサギワラビー”。地上性の小型のワラビーで、かつては草原に普通に暮らしていた有袋類だったという。小型で耳が長く、ノウサギ色をしていたところからついた名前かも知れない。しかしやはりワラビーの仲間に属すため、尾は長く、カンガルーの体つきをしている。日中は草むらで眠って過ごし、夜になると出てきて草を食べていた。その様子はウサギに似ていたようである。そんな彼らだが、やはり人による生息地の開発と、外敵の侵入によって絶滅に追い込まれたようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【毒ヘビの毒牙って、人を襲うためのもの?】
ヘビという生物は、とかく敬遠されがちな面をもっている。彼らとてこの地球上に生きているわけだから、暮らしていくために餌を獲らなければならないし、そのために体の器官を発達させる必要があった。そのひとつが獲物に向かって打ち込まれる毒牙である。もちろんすべてのヘビが毒ヘビというわけではなく、人にとって無害な種類の方が、グループ全体からみても断然多い。ただ一部の強力な破壊力のある毒を備えた種類の影響で、ヘビ全体が「悪しきもの」のような印象を受けているような気がする。そうした中でも王様の称号を頂戴したのがキングコブラだ。実際には産んだ卵を親が保護するという、意外な一面ももち合わせている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【飽くことなき、ディスカス改良のゆくえ。】
ディスカスはいわゆるシクリッドと呼ばれる熱帯魚のグループの中のひとつであり、円盤状の優雅な姿と、体表から分泌するミルクで稚魚を育てる珍しい習性で知られる魚だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【甲羅はカメのトレードマーク。】
ドーム型に膨らんだ甲羅がトレードマークのカメの仲間たち。この甲羅、何からできているのか、ご存知ですか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【忍者のように水面を走る!】
まるで忍者のように、水面を走ることができる動物がいると言ったら、信じてもらえるだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「マタマタ」という名前の亀。】
南米北部から中部にかけて分布しているカメの1種、マタマタ。奇妙な名前と共にそのユニークな姿は、おそらく1度見たら忘れることはないだろう。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)