ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ユニークな姿をした有袋類、クスクス。】
「クスクス」という動物がいるのをご存知だろうか?名前からしてユニークな動物だが、実にその姿も独特といえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カモノハシのトレードマークは重要なセンサー。】
オーストラリアを代表する珍しい動物のひとつ、カモノハシ。彼らは水中での暮らしに適応した哺乳類ですが、もっとも特徴的なのがその「クチバシ」でしょう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【意外に高級な毛をもつという、モグラの話。】
地中にトンネルを掘って暮らしているモグラ。その暮らし振りからは、体はまさに「泥まみれ」という姿を想像すると思う。しかして実際はというと、これが意外に上等な毛皮のもち主で、国によってはごく最近までそれをとって暮らしていた人もいるようだ。なんとモグラの皮を集めて、帽子を作るのだという。モグラの毛はまっすぐに生えている。これは彼らがトンネルで暮らすための合理性からだ。その感触はビロードの味わいがあるらしい。トンネル内を前進後退する彼らにとって、癖のない直毛がメリットがあるのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【住宅街の緑地帯にグリーンイグアナが出現。】
最近ペットとして飼育されていた生物が色々なところで発見され、ニュースになることがしばしばある。以前にワニの捕獲の話題にもふれた。今度は住宅街の緑地帯に、グリーンイグアナである。本来動物園などで目にする生物が、普通にいる様子に、おそらくその発見者もびっくりしたに違いない。問題はこうしたペットを飼う側の、モラルの問題である。飼育をはじめた生物は、必ず最後まで面倒をみる。この最小限果たさなければならない義務も、おろそかになっている部分があるようだ。ペットは飼い主を選べない。これはイヌネコに限ったことではないのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【野鳥の子育て】
写真はシジュウガラのヒナたちですが、シジュウガラはこのシーズンに平均2回産卵してヒナたちを巣立ちさせます。中には3回も産卵・子育てをする働き者の親鳥もいます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した巨大有袋類 ディプロトドン。】
コアラやカンガルーなど、有袋類の大陸として知られているのがオーストラリア。その昔、そこには体長が3メートルもあった有袋類が暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「オカピ」とは、森の馬。】
キリンと共通の祖先をもつ動物に、オカピがいる。発見当初彼らは馬の仲間とされたが、その特徴から実はキリンの仲間であることが判明した。20世紀最初の大型哺乳類の発見として、当時はかなりのセンセーションを巻き起こしたようである。彼らの独特の四肢の模様は森林に紛れる効果とともに、子供にとっては母親を認識するための役割があるとも考えられている。キリンの仲間のオカピだが、その名前は現地人の言葉で「森の馬」を意味するようだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【標本がひとつ残されたミステリアスな鳥。】
ミヤコショウビンという名前の鳥がいる。発見されたのが宮古島だったことからミヤコショウビンと名づけられたこの鳥は、標本がただ一羽残されている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさが命取りになった、ミイロコンゴウインコ。】
その美しさゆえに絶滅へと追いやられた動物というのも少なくない。このミイロコンゴウインコもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【クチのほそ〜いワニ、ガビアル】
爬虫類の中でも、非常に古い歴史をもっているのがワニの仲間たちだ。その祖先となった種類は、恐竜のいた時代である白亜紀にはすでに生存していたと考えられている。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)