ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちっとも白くないのに、なんで“シロ”サイ?】
動物の名前は、体の特徴からつけられるものがけっこう多い。だが、アフリカに生息するシロサイは、決して白くない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「マタマタ」という名前の亀。】
南米北部から中部にかけて分布しているカメの1種、マタマタ。奇妙な名前と共にそのユニークな姿は、おそらく1度見たら忘れることはないだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【自由に深海へと行き来するマッコウクジラ】
哺乳類きってのダイバーといえるマッコウクジラ。その潜水震度は2000m以上とさえいわれている。世界中の海に生息しており、若いオスたちからなる群れ、メスと子供たちからなる群れの二つで行動している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かつては日本にも訪れていたという珍鳥、カンムリツクシガモ。】
毎年冬になるとやってくるオナガガモやホシハジロ、キンクロハジロといったカモの仲間たち。上野の不忍池などに集まる様子をみていると、その数はかなりの数に登るように感じられる。しかしカモたちの仲間の中にもその数が減少しており、絶滅が危ぶまれている種類が存在する。オシドリやコウライアイサ、カンムリツクシガモなどがそれにあたる。中でもカンムリツクシガモはすでに絶滅したとも考えられている。正式には標本が3体知られるだけで、その存在がはじめて確認された頃はこの仲間のハイブリッド(雑種)として扱われていたといういわくつきの鳥なのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ダイビングが得意なウミイグアナ。】
限られた環境にしかみられない生物を固有種というが、そうした生物が多いことで有名な地域のひとつがガラパゴス諸島である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヤマアラシの護身スタイル。】
硬い鎧を身にまとう、あるいは体の色を周囲に溶け込ませて紛れる、さらには強烈な色彩で相手に警告を与える。動物たちは実にさまざまな方法で、自分の身を守ろうとしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【いまをさかのぼること室町時代に渡来した、金魚。】
シャケやタイ、マグロなど食べる魚は別にして、魚の中でも身近なもののひとつが金魚ではないだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きな角をもつビッグホーン。】
まさに名が体を現すような動物、ビッグホーン。またの名をオオツノヒツジといい、その名のとおり大きな角をもった野生の羊の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【イエネコのルーツはヤマネコにあり。】
ペットとして親しまれているイエネコのルーツは、リビアヤマネコといわれている。古代エジプト時代、高度な文明が発達した場所に隣接して、リビアヤマネコは暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ユニークな姿をした有袋類、クスクス。】
「クスクス」という動物がいるのをご存知だろうか?名前からしてユニークな動物だが、実にその姿も独特といえるだろう。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(247件中)