ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【クジャクのオスってけっこうたいへん?】
インド、スリランカに分布するインドクジャク、そして中国南部からマレーシア、インドネシアに分布するマクジャク。いずれもオスの色が極めて美しい、キジ科の鳥である。図鑑などではその美しい飾り羽を一杯に広げた姿が掲載されているが、もちろん普段からいつもその状態にあるわけではない。メスへの求愛の時にそうした一連の行動をとるようである。つまり自分の姿をうより美しく見せて、自分の遺伝子をより多く後世につなげるためのポーズなのである。とはいえパートナーを選べるのはメスの方。ディスプレイの甲斐なくふられてしまうオスもいる。優雅な姿ではあるものの、けっこうたいへんのようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【コウモリは吸血鬼の化身か?】
コウモリは翼手目に属する哺乳類の一種で、哺乳類として唯一自由に空を飛ぶことができ動物である。 

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ジャイアントペンギン?】
ユーモラスな姿にヨチヨチとした歩き方。陸上で見るペンギンの姿はなんとも愛らしく、ピングーをはじめとして様々なキャラクターのモチーフとなっている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【歯で歩く動物??。】
クジラ類のように生まれてから死ぬまで洋上で暮らすのではなく、海中で餌を捕り暮らし、陸上で子育てするという習性をもった鰭脚類の仲間のひとつがセイウチである。彼らは、北極海という冷たい水に被われた流氷域に生息している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【荒地に暮らす、ちっちゃなネズミ。】
体重わずか3グラムから4グラム。茶色い毛がふさふさと生えたちっちゃな体には大きな目が開き、長い尾がすらっと伸びている。パキスタンの荒地に暮らす、コミミトビネズミだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【馴れたライオンに頬をペロリとされたい?】
最近は一風変わったペットがマスコミに取り上げられていますが、あの百獣の王ライオンも子供は実にかわいらしく、思わず頬ずりしてやりたくなっちゃいます。そうしたら、子ライオンだってお返しに飼い主の頬をペロペロしてくれるでしょう。でもチョット待って。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅してしまった毛深いサイの仲間。】
サイといえば鎧のような皮膚の動物を思い描くが、過去には体じゅう毛に覆われたサイが存在していた。その名もケブカサイ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【舞い上がれ、コウノトリ。】
国の特別天然記念物、コウノトリ。かつては日本の各地で見られ、東京でも繁殖していたという普通に見ることができた鳥だったようだ。それが人による狩猟や、環境の変化などによって、著しくその数を減らしてしまった。そして現在、地域を巻き込んだ保護活動が着実に展開されている。国内最後のコウノトリの生息地として知られる、兵庫県の豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」がそれだ。住民とコウノトリが共生できる環境を目指し、地域をつくるというものである。そして最近飼育下で成長したコウノトリが、自然の中へと放たれた。そこに居合わせた人たちからは、舞い上がっていくコウノトリが姿に、拍手がわきおこったという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさが命取りになった、ミイロコンゴウインコ。】
その美しさゆえに絶滅へと追いやられた動物というのも少なくない。このミイロコンゴウインコもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かわいい??ツノガエル。】
ファンシーツノガエルというカエルがいる。ずんぐりむっくりとしたそのカエルの姿は、かわいい…といえなくもない。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(247件中)