ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人々の努力により、その数を増やすアホウドリ。】
北半球では最大級の海鳥、アホウドリ。翼を広げると2.4mという大きさになる。しかしその大きな体が災いして、地上での動きは非常に鈍く、すぐに飛び立つことができない。そのため簡単に捕らえられ、羽毛採取のために何百万羽という数のアホウドリが捕獲され、絶滅の危機に瀕したという経緯がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちいさなちいさな森の仲間、ピグミーマーモセット。】
原猿類をのぞいた中では、世界でも最も小さいサル、ピグミーマーモセット。マーモセット科の種類には比較的小さなサルが多いが、その中でもっとも小さい部類に位置づけられ、小さいことを意味する「ピグミー」の名前を関している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ゲームソフトのキャラクターとして登場する動物って…。】
オーストラリアに分布する動物ミミナガバンディクート。カンガルーなどと同じ有袋類で、40cm程度の体長をもった動物である。耳が長く、愛嬌のある顔つきをしており、ちょっとペットにしたくなるような種類だ。この動物だが、どうやらゲームソフトのキャラクターとしても活躍しているようだ。名前から想像がつく方もいるかもしれないが、クラッシュ・バンディクーの名前で親しまれているキャラがそれである。夜行性の動物で主に昆虫などを食べているようだが、今日ではご多分に漏れずその姿も減ってしまったらしい。森林の伐採による環境の変化や、移住者によりもち込まれた動物たちとの競争に負けたことが、彼らに影響を与えたためである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【生きた化石、ネオケラトドゥス】
「ネオケラトドゥス」とは舌を噛みそうな名前だが、これはオーストラリアに生息する肺魚の名前である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ガラパゴスゾウガメ】
ゾウガメと名前がつく種類には、世界に二つがある。太平洋に棲むこのガラパゴスゾウガメと、インド洋のセイシェル諸島に分布するアルダブラゾウガメだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本でイグアナが繁殖?】
ここのところたて続けに爬虫類が捕獲されて話題になった。といっても本来日本には住んでいないはずの生物である。その正体はといえばニシキヘビの仲間とイグアナだ。場所はそれぞれに違うが、いずれにせよペットとしてもち込まれたものが逃げ出すなどして、発見されたものといっていい。こうした動物に関しても、種類によっては日本の自然になじんで帰化する可能性も十分にある。このニシキヘビやイグアナに限らず、ペットとして生物の飼育を始めた以上は最後までしっかりと面倒をみる。至極当然なことではあるが、飼い主にとって最低限守らなければならないルールなのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アカヒゲとコマドリが抱えた、ちょっと複雑な事情。】
アカヒゲという種類の小鳥をご存知だろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かわいい??ツノガエル。】
ファンシーツノガエルというカエルがいる。ずんぐりむっくりとしたそのカエルの姿は、かわいい…といえなくもない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きな角をもつビッグホーン。】
まさに名が体を現すような動物、ビッグホーン。またの名をオオツノヒツジといい、その名のとおり大きな角をもった野生の羊の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【朱鷺色に染まれ】
古来からの日本の色に「朱鷺色」という色彩がある。デリケートな表現をもった日本の色彩だが、文章で説明するなら、さしずめ限りなく白に近い朱色といえるだろう。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)