ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カモノハシのトレードマークは重要なセンサー。】
オーストラリアを代表する珍しい動物のひとつ、カモノハシ。彼らは水中での暮らしに適応した哺乳類ですが、もっとも特徴的なのがその「クチバシ」でしょう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シシバナヘビの得意技。】
動物は、敵に襲われ逃げられないと判断したときに、思わぬ得意技で対抗することがあります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハゲワシはなんてあつかましいの?】
サバンナなどを紹介するTVなどで必ず登場するのがハゲワシ。頭が禿げ上がった醜悪な外見もさることながら死肉のみを食べると言うところも嫌われ者になる要素充分。しかも、百獣の王ライオン様のお食事中にわらわらと群がってきて、ライオン様が追い払おうとしてもほんの数m飛び下がるだけ。この横着さがこれまた憎らしいと言う人も多いのでは?ところでハゲワシはほんとに横着なのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【これもモルモットの改良のひとつ】
写真はスキニーギニアピッグというモルモットの1品種なのだが、なぜこのような改良を加えたのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【きれいな振袖で着飾ったエビ】
エビといえば食用にするエビや、ザリガニなどの姿がすぐに思い浮かぶが、サンゴ礁の海には、一風変わったエビが暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【フェレットの親戚オコジョ。】
北半球を中心に世界に広く分布しているイタチの仲間、オコジョ。彼らはちょうど、ペットとして人気のあるフェレットの親戚にあたる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハクビシンが危ない?】
日本の各地に出没し、その存在が話題になっている動物がいる。鼻から両目の間を貫く白い模様が特徴的なハクビシンだ。カタカナで書くと珍獣のイメージだが、漢字で書くと「白鼻心」。その風貌を的確に現している。ジャコウネコの仲間で、アジアの諸地域に分布している。生息が確認されたのは昭和に入ってからのことのようで、その存在に関しては諸説があるが、人によって持ち込まれたものがという説が有力のようだ。ところが最近、彼らに対して迫害の目が向けられている。一連のSARS報道の影響だ。飼育している愛好家も、飼育を放棄するケースがあったらしい。人と暮らすペットの存在に関して、愛好家は今一度熟考が必要である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオサイチョウの子育てはお父さんが頼り!】
体の大きさに比べて大きなクチバシをもつことで有名なのが、南米に棲むオオハシの仲間と、東南アジアに棲むサイチョウの仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさゆえに絶滅したブルーバック。】
南アフリカには、人々の入植によって滅びてしまった動物たちも少なくない。レイヨウの一種、ブルーバックもそのひとつである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペットは家で、野鳥は野外で。】
日本では、法律によって許可なくして野鳥たちを捕まえたり、飼育したりすることができない。まして自然が失われつつある今日、そうした行為自体、慎みたいものでもあるはずである。フィールドで観察してこそ、彼らのたくましさも見えてくるといえるのではないだろうか。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)