ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「一富士、二タカ、三なすび」。】
新年最初にみた夢を「初夢」といいますね。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巨大魚、ピラルクー。】
南米大陸の大河、アマゾン川に生息するピラルクーは、成長すると全長3メートルを超える、世界最大級の淡水魚です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ジャンボサイズのウシガエル】
今回は来年の干支、ウシにちなんで、ウシガエルのお話。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【縞模様のノコギリクワガタ。】
日本人にとってクワガタという昆虫といえば、たいてい黒一色の甲虫を想像させる。しかし、世界中にはいろいろな色彩をしたクワガタが存在するものである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【白くて大きな人気者。】
鳥の仲間の中でも、その存在感から人気が高いのがオウムの仲間たちだ。極彩色の色彩をまとったものもいれば、このタイハクオウムのようにほとんど白一色の種類もある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハゲワシはなんてあつかましいの?】
サバンナなどを紹介するTVなどで必ず登場するのがハゲワシ。頭が禿げ上がった醜悪な外見もさることながら死肉のみを食べると言うところも嫌われ者になる要素充分。しかも、百獣の王ライオン様のお食事中にわらわらと群がってきて、ライオン様が追い払おうとしてもほんの数m飛び下がるだけ。この横着さがこれまた憎らしいと言う人も多いのでは?ところでハゲワシはほんとに横着なのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【夢を食べる動物といわれるバクは、子どもから親へと体色が変わる。】
黒と白の大胆なツートーンの体色をもったマレーバク。ゾウほどではないが、少し伸びた鼻のある顔つきがユーモラスである。ずんぐりとした体つきは、一見したところブタの仲間のようにも見えないこともないが、サイやウマの仲間である奇蹄目に分類される。ちなみにブタは、ラクダやキリン、ウシ、シカといった多くの動物が含まれる偶蹄目の仲間たちだ。さてこのマレーバクだが、母親に産み落とされたのちに急速に成長することが、観察の結果明らかにされている。子どもでは赤褐色の体に白い斑点や縞模様があるが、6ヵ月もすると親と同じ黒と白の体色になり、体重も100㎏を越えるらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カモシカのような長い肢が特徴のタテガミオオカミ】
日本ではすでに絶滅した動物となってしまっているオオカミ。その仲間でも、特徴的な姿をしているのがタテガミオオカミである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シカというにはあまりにも小さい、マメジカ】
体長40センチメートル、体重2キログラム程度。この小さな動物が、シカという名前をもっているといったら、驚かれるだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【玉虫色のクワガタ】
写真の昆虫は、パプアキンイロクワガタという名前の小型のクワガタで、その美しい体色で注目されています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)