ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【パンダはパンダでも・・・】
ジャイアントパンダ人気の陰に隠れがちだが、パンダといえばレッサーパンダも愛らしくてかわいい姿をした動物園の人気者だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「マタマタ」という名前の亀。】
南米北部から中部にかけて分布しているカメの1種、マタマタ。奇妙な名前と共にそのユニークな姿は、おそらく1度見たら忘れることはないだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エゾシカの数の管理が、オオワシに与える影響。】
冬、北海道東部へとやってくるオオワシ。わが国で最大ともいってもいい、勇壮さを誇るワシタカ類である。以前彼らの餌の主流は、訪れた地域で盛んになるタラ漁のおこぼれだった。それがいつしか頭数を管理するための狩猟による、エゾシカへと変わったようである。そこで問題が生じた。猟に使われる散弾銃に含まれる、鉛の存在である。シカを食べることで体内に入る鉛で、中毒死してしまうのである。片や生息数の調整が必要なエゾシカ、そしてそれに伴う天然記念物であるオオワシの中毒死。彼らの保護にも、一貫した自然保護の精神の定着が必要といえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【矢毒蛙は、熱帯雨林が育んだアート。】
赤、青、黄色。極彩色の色彩に身を包んだカエルが、中南米の熱帯雨林の中でたくましく暮らしている。その魅力的な体色のためか、ペットとしても定着しており、コレクションする愛好家も多い種類といえる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【熱帯雨林のエコロジスト、ナマケモノ】
ナマケモノは中南米の熱帯雨林に生息し、樹上性で始終眠っているような暮らし振りをしている動物である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚の体を掃除する、白と赤の美しいエビ。】
アカシマシラヒゲエビ。最近ではこの名前の方が使われるようになったが、以前は「アカスジモエビ」ともよばれていた。白い体に赤いラインがすっと入った7センチメートルほどの美しいエビである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【金魚が我が家にやってきた!】
この季節は見た目の涼しさに惹かれて、金魚を飼い始める人も多いのではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちっとも白くないのに、なんで“シロ”サイ?】
動物の名前は、体の特徴からつけられるものがけっこう多い。だが、アフリカに生息するシロサイは、決して白くない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【朱鷺色に染まれ】
古来からの日本の色に「朱鷺色」という色彩がある。デリケートな表現をもった日本の色彩だが、文章で説明するなら、さしずめ限りなく白に近い朱色といえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シマウマの種類】
白と黒の大胆な縞模様をまとっているシマウマ。あまりにもわかりやすい外見だからか、「シマウマ」という種類が1種いるように感じるかもしれないが、縞模様や体の大きさなどにより、数種が存在している。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)